[`evernote` not found]
LINEで送る
GREE にシェア

こんにちは。

習慣リノベーション心理カウンセラーの佐古です。

 

今日は勤労感謝の日ですね。

あなたは日頃、感謝の言葉を口に出していますか?

言葉には感情を変える言葉の力があるとも言われています。

 

私達は日々、コミュニケーションの中で

ある言葉には元気を貰い、

ある言葉には心を傷つけられたりもしています。

 

このように、言葉によって感情を変えられる体験を

あなたもしているはずです。

言葉の力を実感しているはずです。

 

だからこそ、感謝を表す言葉「ありがとう」を沢山使い、

自分と相手の感情を沢山プラスに傾けてみるのも

充実した勤労感謝の日の過ごし方になりそうですね。

 

今日は「ありがとう」の言葉の力を

10人に使ってみるというチャレンジを楽しみ

言葉の力の実感を確認してみてはどうでしょう。

 

きっと、幸せの実感が増して、

周りの人とも絆を深められる日になるはずです。

 

自分も気付いていないネガティブワードの口癖にご用心!

 

本日は無意識に表現している

5つの自信がないアピールの5つ目、

言葉による自信がないアピール

について伝えていきたいと思います。

 

あなたが普段、使っている言葉は

どんな言葉ですか?

 

言葉による自信がないアピールと言えば

ネガティブワードですよね。

 

「ダメだ」

「出来ない」

「無理」

3大ネガティブワードです。

 

あなたはこのようなネガティブワードが

口癖になってしまっていませんか?

 

言葉というと多くの人は

頭で考えて話す言葉に注目が向いてしまいます。

 

なので、頭で考える時は前向きを意識しているから

自分はネガティブワードを使っていない

という思い込みを持ってしまうケースも多いです。

 

でも、私達が日常的に使っている言葉は、

頭でしっかりと考えた言葉よりも、

その時の状況、出来事、他人の問いかけに

反応して使われている言葉の方が多かったりもします。

 

だから、自分は気付いていなくても

周りの人はあなたのネガティブワードの口癖に

気付いているという事だって意外とあるんです。

 

イベントなどで録画されたビデオの中には

ネガティブワードを口癖にしている

知らない自分が写っていたなんて事もあります。

 

このようにネガティブワードが口癖になっていると

言葉の力によって相手にマイナス印象を与え続ける事になります。

 

言葉には相手の印象を左右したり、

感情を変えてしまうような

言葉の力がある事を理解しておきましょう。

 

あなたの感情に最も影響を与えている言葉の力の発信源はあなた…

 

私達は他人の言葉に一喜一憂することが

生活に沢山起きていると思いますよね。

 

日々のコミュニケーションで

相手の言葉で喜び、

相手の言葉で怒り、

相手の言葉で哀しみ、

相手の言葉で嬉しくなるなど

相手の言葉に心が反応し、

様々な感情の変化を起こしています。

 

なので、言葉の力に注目した時に

相手に与える言葉の力や

相手に与えられる言葉の力だけに

関心が向いてしまう人も多いです。

 

でも、落ち着いて考えてみてください。

あなたが毎日、一番影響を受けているのは

誰の言葉なのかという事を、

その言葉の力の発信源は誰なのかという事を。

 

家族

恋人

友達

先生

上司

部下

お客様

など他人の言葉だと思い込んでいませんか?

 

もしそう思い込んでいるのであれば違いますよ。

 

あなたが毎日、一番影響を受けているのは

あなたの言葉による言葉の力です。

 

誰であっても自分の感情に最も影響を与えているのは

自分が生み出した言葉の力であるというのが事実です。

 

常に自分は存在し、24時間影響を受ける環境にいるのですから

他人とは比べものにならない言葉の力の影響力です。

 

だからこそ、あなたが気付いていようが気付いていまいが、

ネガティブワードが口癖になっていれば、

ネガティブワードの言葉の力により、

あなたの自信は失われていく訳です。

 

言葉を選べば自信も変わる!?

 

自分がネガティブワードを使ってしまい

言葉の力により自信が失われていくなら、

あなたはどうすればいいと思いますか?

 

この答えを間違っていると

ネガティブワードの言葉の力の呪縛からは

なかなか解放されない人生に向かってしまいます。

 

「ネガティブワードを使わないよう注意する」

このような答えを出した人は要注意です!

 

ネガティブワードが問題を生み出すのなら

使わないようにすればいいと考える人は多いです。

 

文章にすると特に間違っていないように思いますが、

使わないようにする事で、

本当に使わないで過ごす事が出来るのでしょうか?

 

そもそも、ネガティブワードを意識的に使う人は少ないです。

多くの人は、無意識の習慣として

ネガティブワードを使ってしまっているはずです。

 

このような状態の人が使わないように注意しても、

あまり効果は期待出来ないのが現実です。

 

むしろ、「使わない」と考える事で

結局ネガティブワードに意識を向けてしまい、

自信が失われていく事もあります。

 

ネガティブワードを使わないようにすると言うのは、

違う言葉を使うようにすればいいだけです。

 

「ダメだ」

「出来ない」

「無理」

を使わないよう意識して過ごすのではなく、

 

「大丈夫」

「出来る」

「余裕」

などの言葉を使うよう意識して過ごせばいい。

 

大切なのは、言葉を選ぶって言う事です。

そして、嘘をつくのもいけません。

 

「ダメだ」と感じているのに

「大丈夫」という言葉を使えという事では

決してありませんから誤解しないでください。

 

「ダメだ」と感じたから「ダメだ」と口にするのでなく、

落ち着いてまだダメかどうかは解らないという

事実に気付ける心の余裕を持ちましょう。

 

そして、「出来る事をやってみよう」と口にし、

とりあえず行動をしてみればいいんです。

 

「大丈夫かも」と感じられるようになるかもしれません。

そしたら、「大丈夫」と口にしてあげればいい。

 

他にも私達は二重否定表現という表現もしています。

「○○(マイナスな事)しないようにしよう」という表現です。

 

「失敗しないようにしよう」

「怒られないようにしよう」

「嫌われないようにしよう」

「焦らないようにしよう」

あなたも使ってしまっていませんか?

 

これも立派なネガティブワードなんですよ。

 

「成功したい」

「褒められたい」

「好かれたい」

「落ち着いていたい」

と考え口にすればいいですよね。

同じゴールなのだからポジティブワードを選びましょう。

 

私達人間にとって言葉は

自分の心の状態を整えるツールです。

 

言葉の力を理解し、どの言葉を選び

頭の中に生み出し、口に出すのか?

 

頭の中に生み出されるのは

無意識の習慣による言葉なので、

すぐにコントロールは出来ません。

 

でも、あなたが口にする言葉なら、

今からでも意識すれば、

ある程度がコントロール出来るはずです。

 

完璧を求める必要は一切ありません。

ネガティブワードを一切口に出してはいけない

なんて事はありませんのでご安心を。

 

ただ、今の自分の言葉の選択を少しでも変え、

ネガティブワードが少しでも減れば、

あなたの感情や自信も変わってくると言う事です。

 

あなたが自分の心にプラス感情を生み出す

言葉を沢山選べるようになり、

自信を持てるようになる事を願っています。

 

では、最後までご覧頂き、ありがとうございました。