[`evernote` not found]
LINEで送る
GREE にシェア

こんにちは。

習慣リノベーション心理カウンセラーの佐古です。

 

15日に国民の理解を得られぬまま

安全保障関連法案が衆議院で

可決されてしまいましたね。

 

理解を得るというのは人間関係の基本です。

この大切な基本を忘れ、物事を進める様は

まるでロボットのようにも感じます。

 

政治家が解り合う心を持たない

ロボットでいいのなら、

人間の政治家なんていらないはずです。

 

批判をし合うだけで

解り合い、より良い法案を

追求する気がないのなら、

政治家という職業は必要ないと思います。

 

政治家は国民と人間関係をしっかり築き、

信頼関係を強められる存在であってほしいと願うこの頃ですね。

 

このような政治家の言動を反面教師とし、

私達は人間らしく解り合う心を持って

信頼関係を築いていきましょう。

 

実は自信は目に見えていた!

 

さて今日は、自信がない人が

いつの間にか表現してしまっている

自信がない自分アピールについて伝えていきます。

 

自信は自分を信じている心の状態です。

状態なので感じる事は出来るけど

目には見えないものとも言われています。

 

でも、実は自信を目で見る事も

出来ていたという事実に

あなたは気付けていますか?

 

世の中には、自信は目に見えないんだから

「自信がない自分でもいいや」

と自信を軽視して考えている人もいます。

 

でも、私達は他人に印象を持つ時に、

「自信がある人」

「自信がない人」

というような印象を持つ場合もありますよね。

 

自信は目に見えない心の状態なのに、

他人が相手の自信についての印象を持ち、

「自信がある人」

「自信がない人」

という評価を下すのって不思議ではありませんか?

 

目には見えない他人の自信を

『気』か何かで感じとり、

判断しているのでしょうか?

 

もしかしたら、このような感じで、

相手の自信を感じ取れる人も

気功の使い手などにはいるかもしれません。

 

でも、一般人にはこういう能力はないはずです。

それでも多くの人は相手の自信を察知し、

「自信がある人」

「自信がない人」

という評価をしていますよね。

 

なぜこのような評価が出来るのか?

自信は自分を信じている心の状態なので

もちろん目には見えません。

 

ただ、自信がないという心の状態は

心の中だけの問題でなく

私達の言動にも影響を与えています。

 

なので、自分でも気づかないうちに

自信がない自分という状態を

日々の自分の言動として表現してしまうんです。

 

つまり、自分が気付かない無意識のうちに

自分は自信がないですというアピールを

してしまっているという事でもあります。

 

だから、他人にはあなたの自信を見る事が出来、

「自信がある人」

「自信がない人」

という評価を下すことも出来るわけですね。

 

自信がない自分は隠せない!?

 

世の中には自信がない自分を隠そうと

強がっている人もいると思いますが、

自分の意識では強がって見せていても、

無意識は自分の心を素直に表現するので、

自信がない自分でいるのなら隠しきれません。

 

もちろん、誰にでも自信がないとバレる

という言動にはならない場合が多いですが、

相手を注意深く観察する人は、

こぼれ出ている自信がないあなたを見逃さしません。

 

現代人は人間関係が複雑になっている影響もあり、

相手の言動に注意深く敏感な人も増えていると思います。

 

だからこそ、自信がない自分が心に存在している時、

自分だけでなく相手にも自信がないと解ってしまう。

これは人間関係を築く上でもマイナス印象になりやすいですよね。

 

自信は自分をより良い状態にし

気分よく過ごす為に必要な状態ですが、

人間関係の問題でも重要なポイントになる状態だと理解しておきましょう。

 

無意識にやっている5つの自信がないアピール

 

最後に私達が自信がない状態の時に

無意識でやってしまっている自信がないアピールを

5つ紹介して今日は終わりたいと思います。

 

1.表情による自信がないアピール

2.視線による自信がないアピール

3.態度(姿勢)による自信がないアピール

4.動作による自信がないアピール

5.言葉による自信がないアピール

 

このように大きく分けると5つの自信がないアピールを

私達は自分に自信がない時に無意識でやってしまいます。

 

この5つの自信がないアピールについては、

次回からのブログで詳しく伝えていきますので

更新を楽しみにしていてください。

 

では、あなたが自信ある自分で多くの時間を過ごし、

充実した毎日を過ごせることを願っています。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

Facebook Comments