新社会人

こんにちは。
習慣リノベーション心理カウンセラーの佐古です。

4月になり新生活がスタートした
という人も多いと思います。

通勤時にはスーツ姿が初々しい
新社会人の姿もちらほら見かけました。

新社会人の中にはワクワクした気持ちで
新生活を楽しみにしている人がいます。

一方で新生活に不安を抱いてソワソワしている
新社会人の方もいますよね。

ストレス社会と言われる今の社会には
大きな成長を期待できる一方で
自己管理を間違えばストレスで苦しむ
社会人生活になる不安もあります。

なので今日は、新社会人の為の
ストレス社会で健全に生きるメンタル管理を
伝えていきたいと思います。

新社会人の方は是非参考に
健全な社会人生活をスタートさせて頂ければ幸いです。

ストレス社会だからこそ、新社会人がやるべきこと!

新社会人

新社会人にとって社会人生活は未知の世界です。

会社という組織に加入し、
流動的な業務の中で
結果を出していかなければいけません。

最初は仕事を覚える必要もあるので
上司や先輩も優しく教えてくれますが、
ある程度の期間が過ぎれば厳しい対応も増えます。

学生時代と違って責任の重さを感じ、
ストレスで苦しむ新社会人も毎年います。

社会生活の中には出来事、環境、他人の言動など、
ストレスを感じるものが多く存在しているからです。

だからこそ、ストレスに対する対策を
何もせず新社会人として過ごせば
ストレスで苦しみやすくなるのも自然なんです。

ストレス社会と言われる現代だからこそ、
新社会人ストレスケアをする必要があります!

あなたは毎日行っているストレスケアがありますか?

毎日やってこそのストレスケア

ストレス

ストレスケアを何かしていると言う人は
このストレス社会で増えてはきました。

ただ週末の休みにストレスケアをする
という人がとても多いかと思います。

休みの日に行うストレスケアも大切ですが、
ストレスは毎日の社会生活で生まれているのを
けっして忘れてはいけません。

週末しかストレスケアしないのでは
今日生まれたストレスを溜め込み、
ストレスを溜め込んでいるからこそ生まれる
悪影響を受け入れて生きなければいけなくなります。

ストレスを溜め込む悪影響は
イライラしやすい、苦しくなりやすいだけではありません。

仕事のパフォーマンスが下がる悪影響があり、
細かいミスが増えるなど更なるストレスを生み出す
危険な状態で仕事するという心理的事実もあります。

また、休みの日にしかストレスケアをしない人のストレスケアは
条件付きのストレス発散行動である場合が殆どです。

・ショッピングに行く
・カラオケで思いっきり歌う
・フットサルなど運動する
・友達や家族と旅行する
・思う存分寝る

時間やお金、他人のサポートなどが必要な
ストレス発散行動をストレスケアにしていませんか?

このような条件が必要なストレスケアだけだと
条件が上手くそろわずにストレスケアできない事が
逆にストレスを強める危険性もありますよね。

ストレスはあなたの心に毎日生まれています。

だからこそ、毎日ストレスケアも行う事が大切です。

ストレスを溜めればパフォーマンスが下がり、
更なるストレスを引き寄せる危険があります。

だからこそ、毎日ストレスケアを行う事が大切です。

日本ではストレスが溜まると
自律神経のバランスが崩れ、
心身の健康に悪影響を及ぼすと注意勧告されています。

実際にストレスを放置して
精神疾患者やストレスが原因と考えられる身体問題が
年々増えている日本の健康事情があるからです。

確かに、病気は怖いし出来れば避けらいですが、
日常生活にストレスは大きな悪影響を与えているんです。

ストレスを溜めて過ごせば1日でも心の状態は悪化します。

この心の状態変化により今日よりも明日の
パフォーマンスが落ちて悪い結果も起きやすくなっています。

もちろん、パフォーマンスが落ちて悪い結果が出れば
更にストレスが生まれて心の状態は悪化します。

ストレスを放置して溜め込む過ごし方は
ストレスで苦しむ生活になる悪循環を作り出しているんです。

だからこそ、ストレスケアは
毎日やってこそストレスケアになると覚えておきましょう!

毎日できるストレスケアとは…

結果に囚われない心

新社会人のストレスケアは特に
毎日必要だと理解できましたか?

毎日のストレスケアの大切さは理解できたけど
毎日できるストレスケアの方法が解らない…。

こんな悩みに陥る人も意外と多いです。

自分が知っているストレスケアは
条件付きのストレス発散なので
毎日になれば実践も厳しくなってしまう人が多いからです。

実は、こういう人ほどストレスで苦しみやすく、
最悪、心の病気にまでなってしまうタイプなんです。

ストレスケアと言っても実は簡単なんです!

例えば、今密かな流行がビジネスシーンで生まれつつある
マインドフルネスをご存知でしょうか?

欧米のGoogleやFacebook、Yahooなどでも
社内研修として活用されているストレスケアです。

日本でもおなじみの瞑想の効果を科学的に証明し、
アレンジしているのがマインドフルネス瞑想です。

瞑想は時、場所、人を選びませんので
いつでも毎日できるストレスケアといえます。

他にも簡単な毎日できるストレスケア方法だと、
ストレスを紙に書き出して処理するケア方法があります。

ステップ1
今、ストレスを感じている気になっている事を
紙に書き出してください。

ステップ2
書き出した紙をぐしゃぐしゃに丸めてゴミ箱に捨てたり、
シュレッダーにかけて刻んで必要ないものとして処理行動をします。

ステップ3
処理が済んだら「さようなら」と心でつぶやき、
1分間呼吸だけに意識を向けて過ごします。

この3ステップを行うだけでも
ストレスをちゃんとケアできるんです。

弱いストレスならこれだけのストレスケアで
ストレス解消できることもあります。

強いストレスの場合は何度かストレスを自覚した時に
繰り返し実践することでストレスを徐々に縮小出来ます。

この方法も3分あれば実践可能ですので、
毎日ストレスケアするのに負担もかかりませんよね。

大きなスッキリ感を得る事だけが
ストレスケアと思い込んでいる人は多いです。

でも、実際は気になっているストレスから
いったんでも心を開放できれば
今のストレスケアとしてはOKなんですよね。

ストレスケアを難しく考えなくていいんです。

気になることから心を解放してあげる、
機嫌をご機嫌な方向に傾けてあげる、
そんな心の変化を生み出せる事でいいんです。

ストレスケアについてもっと知りたい、
気軽にストレスケアについて話したい
という人は29日開催のストレスマネジメントお茶会に参加ください。

『ストレスマネジメントお茶会』

既に新社会人として不安が大きく、
ストレスケアも含めメンタル管理の相談をしたい人は
ハートフルタイムのお試しセッションを受けてみてください。

カウンセリングの申し込みはこちら

新社会人にとって社会人生活は慣れない事へのチャレンジです。

チャレンジには負荷もかかるのでストレスも生まれやすいです。

未知の世界ですので考えれば不安も生まれやすいし、
不安やストレスの大きい心理状態ではパフォーマンスも落ち
ミスが起きやすいなど問題も生まれやすくなります。

日本人は優しい方も多いので職場でも
優しい声をかけてくれてストレスケアをしてくれる
同僚や先輩、上司もいるかと思います。

でも、この行為に甘えて自分でストレスケアをせず
他人にばかり求めていればストレスを感じやすくもあります。

職場にはストレスを感じさせるような人、
出来事や環境がけっこう起きるものですからね。

だからこそ、自分でメンタル管理をしながら
ストレスとも上手に付き合い社会人生活にも
慣れ親しんでいく必要が新社会人にはあると思います。

メンタルトレーニングでストレスに負けない自分を作り、
楽しく仕事して社会人として活躍していくことは誰にでも出来ます。

不安が生まれるのも、今のあなたのメンタル管理が
しっかりできていない証明でもあると思います。

その不安やストレスを放置せず、
しっかりケアして自分らしい社会人生活を楽しみましょう!

カウンセリングの申し込みはこちら

PS1.ハートフルお茶会情報!

ハートフルお茶会

より多くの人に心理学を学んで頂き、
心満たされる(ハートフルな)人生を目指せるよう
気軽に参加できる少人数でのお茶会を開催しています。

4月はお茶会を2回開催します。

開催日時:4月15日(日)14:00~16:00

『一瞬で自信を生み出すお茶会』

開催日時:4月29日(日)14:00~16:00

『ストレスマネジメントお茶会』

定員:5名

会費:3000円

場所:ハートフルタイム カウンセリングルーム

講師:習慣リノベーション心理カウンセラー 佐古 康弘

※会費の支払いは当日現金払いのみとなりますので、ご了承ください。

申し込みはこちらから

※5名限定のお茶会ですので、申し込みの
タイミングによっては定員オーバーになる事も
御座いますので、申し込みはお早めにお願いします。

一対一のカウンセリングはちょっと敷居が高いけど、
心理学の勉強をしながら
気軽に質問や相談をしてみたいという人は
是非、この機会を活用し、
心の変化で自分を変えられるという
あなたの人生をより良く前進させる方法を
体験して頂ければと思います。
申し込みはこちらから

こんなテーマでお茶会を開いて欲しい
というリクエストも随時受け付けています。
このブログのコメントや問い合わせから
リクエストしてください。

最後までご覧いただきありがとうございました