ソチオリンピックは見ていますか?

男子フィギアで羽生選手が

見事に金メダルを取りましたね。

現在日本は5個のメダルを

取れているようですが、

あなたはこの結果をどう思いますか?

今回のオリンピックでは、

メダルを期待されている選手が

今までよりも多いように思います。

実際にオリンピックまでの結果で

素晴らしい成績を出せている人が

いるから多くのメダリスト候補がいました。

しかし、有力なメダリスト候補も

メダルを逃す結果になってしまっている

という現実もあります。

このような現実を目撃すると、

日本人はメンタルが弱いのでは?

という思い込みを持つ人がいます。

あなたも、もしかしたら、

このような事を感じているかもしれません。

また、若い人はメンタルが弱い

という思い込みを持つ人もいます。

例えば、女子ジャンプの高梨選手。

オリンピックまで素晴らしい活躍で、

金メダルの最有力候補でした。

でも、オリンピックの結果は、

上手く実力が出せずに、

4位という結果になり、

メダルを逃してしまいました。

これは、高梨選手が、

まだ高校生で若いから、

メンタルが弱かったのでしょうか?

私は、そんなことないと思います。

高梨選手は今までも、

大きな大会で素晴らしいジャンプをし、

実力に合った結果を出し続けていました。

メンタルが弱い人間が出来る事ではありません。

日本には他にもメダリスト候補だったけど、

メダルを逃してしまった人がいます。

この選手たちも、メンタルが弱いかというと、

私は、そんなことないと思います。

日本人はメンタルが弱いと言われますが、

私には日本のメディアなどの対応が、

選手に大きなストレスを与える対応に

なってしまっているだけだと思います。

日本のインタビュアーは、

選手に結果についてのコメントを

試合前から何度も聴き出そうとします。

でも、選手は結果に囚われる事は、

自分の実力が出せなくなる事を知ってるので、

「精一杯頑張ります」

「とにかく楽しみたいと思います」

など、必死に流されない様、

自分の心を整えています。

これは、選手にとって、

大きなストレスだと思います。

「金メダル取ります」

などのコメントが欲しい気持ちは

解らない訳ではありませんが、

オリンピックの主役は、誰でしょう?

選手の「金メダル取ります」は

私達観る者にとっては、

心強く、嬉しい言葉です。

でも、選手にとっては、

100%の力を出せても、

金メダルという結果は

どうなるか解らない、

コントロール不可能な事なので、

「金メダル取ります」と言ってしまえば、

コントロール出来ない結果に

囚われてしまう事にもなる。

そうなれば、本来なら、

コントロール出来る自分の身体も

上手くコントロール出来なくなり、

実力を発揮できなくなる。

オリンピックに出場する選手達は

メンタルも強い方ですので、

大きく乱れる人は殆どいない。

でも、オリンピックという大会は、

素人である私達では気付けない、

ほんの少しの乱れが、

数ミリのズレが、

大きく結果に影響する大会です。

オリンピックの主役は選手です。

だから、もっとマスコミが、

私達応援者の言葉が、

選手のストレスにならない様に

してあげる事が必要なのではと、

テレビを見ながら感じる今日この頃です。

「金メダル取ってください」

という期待の言葉じゃなく、

選手が楽しみたいと言っているなら、

「最高に楽しんでください」

「私達も観戦しながら一緒に楽しみます」

などの応援の言葉を掛けてあげましょう。

主役である選手の気持ちを

ストレスで乱してしまうのでなく、

気分よくしてあげられる言葉を伝えましょう。

マスコミにも、私達応援者も、

選手にストレスを与えたいなどとは、

誰一人思っていないはずです。

でも、言葉と心の関係を知らないと、

応援している選手に

不本意なストレスを与えてしまう事もあるんです。

これは、私達の生活でも同じ。

あなたが好きな人に告白をする時、

「成功させてね」

「絶対つき合ってね」

などと言われたら、ストレスじゃないですか?

もちろん頑張って勇気を出して告白するのだから、

成功させたいし、つき合いたい。

でも、相手の心もあるのだから解らない。

告白する本人は、

「勇気を出すぞ」

「しっかり気持ちを伝えるぞ」

という自分でコントロール出来る事を

考えていたいものです。

だったら、主役は告白する本人なんだし、

「勇気あって、カッコいいよ」

「そのままの気持ちを伝えよう」

などの応援をしてあげれば、

ストレスを感じることなく、

気分も高まって、告白できるのではないでしょうか?

日本人はメンタルが弱くなんてありません。

コミュニケーションスキルを学ぶ機会がないので、

周りから悪意無きストレスを受けてしまう事が多いだけ。

悪意無きストレスなので、

それ程大きく乱れる事はありませんが、

大事な場面になればなるほど、

この小さな乱れの影響が、

結果に大きく響いてくるんです。

だから、本番で上手くいかないからと言って、

自分をメンタルの弱い人間なんて

絶対に考えてはいけませんよ!

メンタルがある程度強くても、

悪意無きストレスで、

ちょっとした乱れを起こすのは、

心の反応として正常なんです。

大切な人に悪意無きストレスを与える

コミュニケーションを改善したい人は

カウンセリングを受けてみましょう。

カウンセリングの申し込みはこちらから。

カウンセリングは心と向き合う時間です。

だからこそ、心の反応を知る事も出来る。

どういうコミュニケーションをすると、

人の心は乱れてしまい、

どういうコミュニケーションをすると、

人の心は安定するのか、

自分のコミュニケーションを見直しながら、

知って、改善したくないですか?

カウンセリングの申し込みはこちらから。

一緒に心の反応に気付いて、

充実した人間関係を築きましょう。

PS.メダルを逃した選手たちにも、

「楽しませてくれて、ありがとう」など

伝えられるようになると、

相手の気持ちを楽にさせて、

再出発の後押しになるかと思います。

最後までご覧頂き、ありがとうございました。