あなたは自分の感情を

コントロール出来ていますか?

この質問に、殆どの人は

「出来ていません」と答えます。

なぜ、出来ていないと答えるかというと、

イライラしてしまったり、

哀しくなったり、

怒りを感じてしまうから、

などの答えをあげる人も多いです。

この答えをあげる人は、

感情のコントロールというものを、

勘違いしていると思います。

私は心の専門家として、

自分自身の感情をコントロールしています。

そして、カウンセリングやセミナーなどでは、

感情のコントロールについて教える事もあります。

でも、私は、イライラする事もあるし、

哀しくなる事もあるし、

怒りを感じることもあります。

私だけでなく、

感情のコントロールが出来ていると言われる

専門家やスポーツ選手、著名人なども、

イライラする事もあるし、

哀しくなる事もあるし、

怒りを感じることもあります。

だって、イライラする事も、

哀しくなる事も、

怒りを感じることも、

感情がある人間の正常な心の反応だからです。

理不尽な事を言われた時、された時、

イライラするのは正常な心の反応です。

理不尽な事を言われた時、された時、

ワクワクしているのは不自然ですよね。

かと言って、理不尽な事を言われた時、された時、

何も感じずにいるのは人間らしくない。

まるで、感情の無いロボットです。

感情をコントロールするという事は、

感情を失くして、

ロボットのように過ごす事では

決してありませんよね。

感情のコントロールを

勘違いしている人の特徴に、

様々な感情を良い悪いで区別している

という特徴があります。

楽しい、

幸せ、

ワクワク、

嬉しい、

などの感情は気分が良いから、良い感情。

苦しい、

哀しい、

イライラ、

寂しい

などの感情は気分が悪いから、悪い感情。

というように、感情というものに、

良い悪いの評価を決めつけて区別しています。

だから、悪い感情を感じてしまうと、

感情をコントロール出来ていないという事になってしまう。

私達人間には、

苦しい、

哀しい、

イライラ、

寂しい

などの感情を感じない人間はいないので、

このような感情を感じることが、

感情のコントロールを出来ていない事だと、

思い込んでいては、

一生、感情のコントロールは出来ずに、

出来事や環境、他人などに、

自分の感情を委ねてしまう人生になってしまいます。

だから、もし、あなたが、

自分は感情のコントロールが出来ていない、

と思っていて、その理由が、

苦しい、

哀しい、

イライラ、

寂しい

などの感情を感じているからだと思っているなら、

今のあなたの状態は、

感情のコントロールを勘違いして、

これからも、自分じゃなくて、

出来事や環境、他人に、

自分の感情を委ねてしまう人生を

歩もうとしてしまっている

危険な状態である事に気付いて下さい。

感情のコントロールとは、

苦しい、

哀しい、

イライラ、

寂しい

などの感情を、

一切感じない様になる事ではありません。

苦しい、

哀しい、

イライラ、

寂しい

などの感情は気分を悪くするでしょうが、

悪い感情という事実はありません。

感情というものに、

良い悪いの区別は存在しないんです。

感情は心の反応です。

どんな感情であれ、

感じなくさせようとする事は、

心の反応を消す事に繋がってしまう。

つまり、心を失うという事です。

だから、感情のコントロールにはなりません。

感情のコントロールとは、

気分が悪くなる感情を、

一切感じない様になる事ではありません。

そして、感情とは心の反応なので、

感じなくさせようとしてはいけません。

この2つに気付く事が、

感情のコントロールの

ファーストステップだと思います。

感情のコントロールをしたい人は

カウンセリングを受けてみましょう。

カウンセリングの申し込みはこちらから。

カウンセリングは自分の心と向き合う時間です。

だからこそ、自分の感情に気付く事が出来る。

普段は何気なくしか感じていない自分の感情に、

しっかりと向き合って気付く事が出来る。

だからこそ、感情を失くすのでなく、

感情をコントロールする事が出来るんです。

カウンセリングの申し込みはこちらから。

一緒に感情のコントロールを覚えて、

自分らしく充実した人生を過ごしましょう。

最後までご覧頂き、ありがとうございました。