昨日は、良い人間関係を築くには

想いを共有する事が大切だと

伝えさせて頂きました。

良い人間関係を築く秘訣

あなたは普段のコミュニケーションで、

どれだけ想いを共有してますか?

想いを共有する事が

沢山出来ていた。

という気付きを得られた人は

とても少ないのではないでしょうか?

特に男性の方は、

出来事を語り合い、

解決策などを討論する

コミュニケーションスタイルの人が

多いと思いますので、

想いを共有するという事が、

いまいち理解できない。

という人もいたかもしれませんね。

逆に女性の方は、

普段から感情を語り合う

傾向が強いので、

想いを共有していた

という気付きを得られた人も

多かったかもしれません。

男女間の人間関係で

口論が起きやすいのも、

出来事や問題を語り、

解決策を求める男性心理と、

その時の気持ちを語り、

気持ちの理解を求める女性心理が、

なかなか、かみ合わないのが、

根本的な問題としてある事も

とても多いですね。

だから、男性は特に、

気持ちを共有する

コミュニケーション力を高めると、

女性との人間関係をより良く出来る

可能性が高いと思います。

想いを共有する為には、

想いを共有しようと、

ただ考えているだけでは、

なかなか難しい事も事実です。

では、実際に思いを共有するには

どのようなコミュニケーションを

あなたはするべきなのでしょうか?

ちょっと考えてみてください。

自分がすべきコミュニケーションに

気付く事が出来たでしょうか?

想いを共有する為には、

あなたが思いを語る回数を

増やさないといけませんし、

相手に想いを語らせる質問を

たくさんするようにしないといけません。

日々の出来事だけを話すのでなく、

その出来事で、どう感じたのか?

どんな気持ちになったのか?

という感情を語る事が大切です。

実は、このようなコミュニケーションを

既に自然としている時があります。

愚痴ですね。

「今日、会社で上司がさ、

自分のミスを棚に上げて、

説教してきたから、

イライラしてるんだよね。」

この後、べらべらと上司への

負の感情が語られる訳です。

そして、この想いを共有し、

「ムカつく上司だね。」

「やってらんないね」

などの対応をする人は、

相手との人間関係を

深める事にもなる訳です。

でも、このような愚痴は、

聞く方も疲れるし、

嫌な気分になりやすくもあります。

だから、愚痴を増やすのは

あまり良くない事だと思ってください。

それよりも、相手が気分良くなる

想いを語ってもらう様に

コミュニケーションを取れれば、

相手が語る気持ちいい想いを

共有してあげられますよね。

だから、友達が愚痴を言ってきても、

愚痴を聴き続けるような

コミュニケーションをしなくてもいいんです。

3分くらい愚痴を吐き出させて、

ちょっとスッキリはさせてあげた所で、

友達が興味のある話に

話題を切り替えてあげれば良いんです。

「そういえば、この前行くって言ってた

映画はどうだったの?」

「先週行ったカフェってお洒落だったよね。

他に気になってるカフェとかあるの?」

「もうすぐ夏休みだよね。

どっか旅行行きたくない?」

などなどの質問によって、

嫌な想いを語るのでなく、

良い想いを語って貰い、

その想いを共有して

楽しい時間を過ごしましょう。

想いの共有は、

なるべく良い想いを共有する様

質問などのコミュニケーションを活用し、

しっかり誘導できるようになると、

自分も相手も楽しい時間を過ごしながら、

より良い人間関係が築けるはずです。

自分のコミュニケーションスタイルを見直し、

コミュニケーションスキルを高めながら、

より良い人間関係を築きたい人は、

カウンセリングを受けてみましょう。

カウンセリングの申し込みはこちらから。

カウンセリングは自分の心と向き合う時間です。

だからこそ、人の心の反応に気付ける。

より良い人間関係は心を理解し、

心の反応に沿ったコミュニケーションを

出来るからこそ築いていけるはずです。

無意識でも、ある程度出来ている人がいるのだから、

意識して出来る様に練習し、

無意識の習慣として自然と出来るまで、

トレーニングしていたら、

あなたのコミュニケーションは、どう変わり、

人間関係はどうなっていくでしょうか?

必然的に良い方向へ成長できるはずです。

カウンセリングの申し込みはこちらから。

一緒に想いを共有するコミュニケーションを覚え、

充実した人生を過ごしましょう。

最後までご覧頂き、ありがとうございました。