ビリギャルの映画も

大ヒットしているみたいなので、

今日は受験生を支える家族の力

について伝えていきたいと思います。

 

ビリギャルは本もベストセラーとなり、

あの飛躍的な成長を遂げるストーリーに

魅了される受験生の親も多いです。

 

真似できることはないか?

飛躍的成長の秘訣は?

と本を読んで、映画を見て、

わが子を導こうと頑張ります。

 

そして…

「あの子は○○だった」

「あなたも○○しなさい」

「ここが違うからダメなのよ」

などの言葉をついつい口にしてしまう。

 

このような対応は受験生にストレスを与え、

心の状態を乱す原因となり、

勉強が上手くいかない要因になってしまいます。

 

家族といえども四六時中

一緒にいる訳ではありません。

 

厳密にわが子がどんな勉強をしているのか?

どれだけ頑張っているのか?

に気付く事だけでも実は大変なことなはずです。

 

なのに、多くの受験生の親は

ここに注目する事を忘れ、

世の中の成功事例を学ぶことに注目してしまう。

 

わが子を志望校に合格させてあげたい

という素晴らしい気持ちからの行動ですが、

その行動が受験生のストレスになる事も多いんです。

 

わが子を想う素晴らしい気持ちは問題ない。

ただ、わが子に家族として親として

何をしてあげるべきなのかを

冷静に考えてみる事も大切なことです。

 

ビリギャルの本を読んで、

ビリギャルの映画を見て、

受験生の親が注目するべきは、

ビリギャル本人が何をしていたか?

どんな気持ちで勉強していたか?

ではないはずです。

 

受験生の親が注目するべきは、

ビリギャルのお母さんの対応は?

サポートする先生などは

どんな気持ちでどんな声を掛けていたのか?

ということだと気付きましょう。

 

ビリギャル本人が何をしていたか?

どんな気持ちで勉強していたか?

は受験生自身が注目し学ぶところです。

 

受験というのは常に主役は受験生です。

家族や先生、カウンセラーなど

受験生を支えてあげるサポーターは脇役です。

 

脇役は主役を輝かせなければいけません。

 

学校や塾の先生は知識を持って

受験生の知識を向上させ輝かせる。

 

カウンセラーは専門知識とスキルを持って

受験生の心の状態を整え輝かせる。

 

では、家族はどうやって

受験生を輝かせることが出来るでしょう?

 

成功事例をかき集めて、

「あれがいい」「これがいい」

「そこが違う」「それじゃダメだ」

と伝えていくことでしょうか?

違うと思います。

 

これでは自分を解ってもらえないので、

受験生の心にはストレスが生まれ続けます。

親が自分を想っての言葉だと

頭では理解できていたとしても…。

 

あなたがお母さんなら、

お父さんが料理家の情報を調べ、

「あれがいい」「これがいい」

「そこが違う」「それじゃダメだ」

と食事に意見を言ってきたらどうでしょう?

この意見があなたを愛して言っていたとしても

ストレスとなってしまうのではありませんか?

 

あなたがお父さんなら、

お母さんがビジネス成功事例を調べ、

「あれがいい」「これがいい」

「そこが違う」「それじゃダメだ」

と仕事に意見を言ってきたらどうでしょう?

この意見があなたを愛して言っていたとしても

ストレスとなってしまうのではありませんか?

 

家族というのは良い情報を教えてあげる事を

メインに築く関係ではないはずです。

家族だからこその強みに気付きましょう。

 

家族は一緒に過ごしている時間が長いです。

だからこそ、家族の事を知ることが出来る存在です。

 

常に気持ちや心の状態が変わるのが

人間という事をしっかり理解し、

今の家族の気持ち、

どう過ごしているのか?

を毎日聞いてあげる、解ってあげるのが

家族だからこその強みではありませんか?

 

そして、これを受験生にしてあげる事は、

受験生の気持ちを落ち着かせることになり、

受験生を輝かせることにもなるはずです。

 

もちろん、受験生が嫌がるのに、

しつこく聞いてしまっては逆効果です。

 

ただシンプルに、

「頑張ってるわね。調子はどう?」

と声を掛けてあげるだけでもOKです。

 

ちゃんと自分を見てくれている。

解ろうとしてくれている。

という姿勢を見せてあげれば大丈夫。

 

それだけでも受験生の心を安定させる力が

家族という存在にはあるんです。

 

わが子のために頑張ろうと出来る

素晴らしい気持ちがある親だからこそ、

その気持ちが上手く受験生に届き、

受験生を輝かせることの出来る

言動をしていって欲しいと強く願います。

 

模試やテストの結果だけで判断せず、

普段の受験生に注目して解ってあげ、

より良い家族関係を築いて

受験生と一緒に合格を目指しましょう。

 

受験生のパフォーマンスが上がる対応を

出来るようになりたいという親は

カウンセリングを受けてみましょう。

カウンセリングの申し込みはこちらから。

 

カウンセリングは自分の心と向き合う時間です。

だからこそ、沢山の気付きを得る事が出来る。

自分の心の状態に気付けるのはもちろん。

どのように整えればいいのか?

人間にとって心の状態が

どれだけ大きな違いをもたらすのかにも

気付く事が出来るはずです。

 

受験の主役は受験生です。

主役が輝くには安定した心の状態、

気分良い心の状態である必要があります。

 

模試やテストで良い結果が一番欲しいのは

日々勉強を頑張っている主役の受験生です。

 

だからこそ、結果についていろいろ言うのでなく、

日々の頑張りを解ってあげる対応、

頑張るわが子を信じて支えてあげる対応、

が受験生の心を安定へと導くはずです。

 

カウンセリングの申し込みはこちらから。

一緒に相手の力を発揮させる対応を身につけながら、

受験生を合格へと導きましょう。

最後までご覧頂き、ありがとうございました。

 

PS.あなたにお勧めな本があります。

あなたは無意識に自分を不幸にしているかも?

不安、悩み、ストレスから

あなたを開放する脳と心の科学を徹底解説

自分を不幸にしない13の習慣

http://directlink.jp/tracking/af/356473/fGFLucGf/

 

不安、悩み、ストレスに苦しんでいるけど、

まずは自分で出来る事を頑張ってみたい

と言う人にもお勧めな一冊です。

心を解放するキッカケとなるはずです!

自分を不幸にしない13の習慣

http://directlink.jp/tracking/af/356473/fGFLucGf/