ストレス社会と言われる今、

ストレスを抱えて

苦しんでしまう人は多いです。

今日はストレスに苦しまず、

ストレス管理を行う上で、

大切な事を伝えたいと思います。

まずは、ストレスから

逃れようとするのではなく、

管理する、コントロールする、

という考えを強く持ちましょう。

専門的にストレスを

全く無くした状態というのは、

廃人状態です。

何もしない、何も感じない。

誰もこんな状態には

なりたくないはずです。

だから、ストレスから

逃れる、失くすという考えを捨て、

ストレスと共に生き、

管理し、コントロールする、

という考えを常に持つようにしましょう。

ストレス対策というのは、

ストレス管理だと理解してください。

この考えを理解すると、

自分がやるべき事はシンプルです。

ストレスには、自分だけでは

どうしようもない

環境要因によるストレスと、

自分の思い込みなどが作りだす

思い込み要因によるストレスがあります。

環境要因のストレスは、

自分だけを改善しても、

環境自体が改善されるとは限らない。

なので、コントロール不可の

ストレスと言ってもいいでしょう。

そして、思い込み要因のストレスは、

自分さえ改善出来れば、

ストレスも直接改善できる。

だから、まずは、

コントロール可能な

思い込み要因のストレスに

気付く事がストレス管理の始まりです。

この気付きは、自分一人では

なかなか難しい事でもあるので、

カウンセリングを受けてみましょう。

カウンセリングの申し込みはこちらから。

多くの人は、コントロール可能な

思い込み要因のストレスに

気付こうとしていません。

その代り、コントロール不可能な

環境要因のストレスに

改善努力を向けてしまっている。

だから、自分が努力で変れても、

環境までは変えられず、

結局ストレスに苦しんでしまう。

こんな人も多くいます。

ストレス管理のコツは、

コントロール可能なストレスに

改善努力を向ける事。

そして、コントロール不可能な

ストレスには処理という

対応をしっかりとって、

溜めこまない様にする事。

カウンセリングでは、

ストレスの処理方法も

専門家と一緒に見つけられます。

心理的に効果のある

ストレス処理方法も

アドバイスとして学ぶことも出来る。

カウンセリングの申し込みはこちらから。

あなたも専門家と

ストレス管理を行って、

リラックスした時間を楽しみませんか?

ストレスは失くすのでも、逃れるのでもなく、

向き合って管理する事が大切です。

最後までご覧頂き、ありがとうございました。