「お前は心が弱い」

「強い心を持て」

なんて事を言う人もいますが、

あなたはどう思いますか?

もしかしたら、あなたも、

問題を抱えて悩む事が多く、

落ち込んでしまう事や、

クヨクヨしてしまう事も多く、

自分は心が弱いんじゃないか?

なんて考えているかもしれません。

または、心の弱い人と

思われたくないと考え、

毎日、精一杯の強がりで

生きているかもしれません。

もし、このような状態であったとしても

安心してください。

あなたの心は弱くなんてありません。

そもそも、心に強いや弱いという

形容詞を使う事が出来るのでしょうか?

私は専門家として疑問に思います。

心には常に状態と言うものがあり、

気分が良ければ良い状態、

気分が悪ければ悪い状態、

と言う判断が出来るのは確かです。

だから、自分の心の状態を語る事は

人間には出来る事です。

でも、自分の心と言うものが

強いのか?

弱いのか?

と言う事を語る事が

人間に出来る事でしょうか?

心が強い弱いを語る人は、

何の基準を持って強い弱いと解り、

語るのでしょうか?

身体も強い弱いと言います。

ただ、身体には強い弱いを計る

一般的な基準も確立されています。

例えば体力測定。

身体の力を数値化して計る基準があり、

積み重ねてきたデータから、

結果に対して強いか弱いかを

語る事は出来るでしょう。

他にも見た目の基準もありますね。

身体の強さの1つである筋肉は

見た目にも解りやすいです。

ボディービルダーの方などは、

やっぱり身体が強いと言えますよね。

このように強いか弱いかを計る基準が

一般的に確立されたものとしてあるのなら、

強い弱いを語る事もありでしょう。

でも、心に対して強い弱いを計る基準は

一般的に確立されたものはないはずです。

心の状態を知る基準ならば、

心理テストと言うものもあります。

ただ、心理テストは状態を知れるのであって、

心が強いか弱いかは解りません。

そして、心は目には見えません。

だから、見た目で強いか弱いかは、

一切解らない訳です。

よく悩んでいる人は心が弱い

と言うのは思い込みです。

トッププロのアスリート達は

良く悩んでいます。

自分の実力を発揮できるようになるには、

より良い状態で過ごすには、

より能力を高めるには、

どうしたらいいのか悩んでます。

カウンセリングやコーチングも

一般の人より活用しているでしょう。

では、トッププロのアスリート達は

心が弱いのでしょうか?

あなたよりも心は弱くて、

トッププロのアスリートに

なれたのでしょうか?

違いますよね。

トッププロのアスリート達が

心が強いかどうかも解りません。

ただ、トッププロのアスリート達は

心の強さと言うものに注目するのでなく、

自分の心の状態と言うものに注目して、

より良い状態に整えようと

トレーニングも行うだけです。

メンタルトレーニングですね。

だから、トッププロのアスリート達は

一般人よりも、より良い状態で、

大舞台でも活躍できる訳です。

心と言うものは、

まだまだ不確かなものです。

心がどこにあるのか?

心はどんな形をしているのか?

心に強さと言うものがあるのか?

今の時点では解っていません。

でも、解っている事もあるんです。

心には状態が存在する事。

心の状態が、私達のパフォーマンスに

大きな影響を与えている事。

様々な心の反応がある事。

心が強いか弱いかは気にしても

無意味な事です。

誰かが自分の事を、

「心が弱い」と言ってきても

傷つく必要は一切ありません。

だって、その言葉の信憑性は、

「地球に宇宙人がいる」

と言っている人と

同じようなものだからです。

そんな言葉を信じてしまい、

心の状態を悪くするのは

ばかばかしいと思いませんか?

心が強いか弱いかを

気にする余裕があるのなら、

もっと自分の心の状態に注目し、

自分の心の状態を

コントロールするスキルを

トレーニングしてみませんか?

このトレーニングの先には、

より良い心の状態で過ごせる

自分らしく過ごせる自分がいるのだから。

心の状態に注目し、

より良い心の状態を目指したい人は

カウンセリングを受けてみましょう。

カウンセリングの申し込みはこちらから。

カウンセリングは自分の心と向き合う時間です。

だからこそ、沢山の気付きを得る事が出来る。

自分の心の状態に気付けるのはもちろん。

どのように整えればいいのか?

人間にとって心の状態が

どれだけ大きな違いをもたらすのかにも

気付く事が出来るはずです。

心が強い人になれるかは解りませんが、

より良い心の状態で過ごせる人には

なっていく事が出来るはずです。

カウンセリングの申し込みはこちらから。

一緒に心の状態にコントロールできるようになり、

充実した人生を過ごしましょう。

最後までご覧頂き、ありがとうございました。