○○しないは不幸の呪文!?

今日は不幸な方向に

心の状態が傾いてしまう

魔法のような呪文を

伝えたいと思います。

その呪文とは、

「○○しない」

多くの人は無意識に

使ってしまっていると思います。

例えば、何か心配事がある時、

「気にしない、気にしない」

と口に出したり、

頭の中で考えていませんか?

または、何かミスをしてしまった時、

「言い訳しない」

と口に出したり、

頭の中で考えていませんか?

他にも、無理かもしれないと感じた時、

「諦めない、諦めない」

と口に出したり、

頭の中で考えていませんか?

このような事は正しい事ではあります。

何か心配事がある時、

気にしているよりも、

気にしないでいる方が

良い方向に傾きます。

何かミスをしてしまった時、

言い訳をするよりも、

言い訳しない方が

良い方向に傾きます。

無理かもしれないと感じた時、

諦めるよりも、

諦めない方が

良い方向に傾きます。

このように正しい事だからと言って

自分が口に出していたり、

頭の中で考えていると、

心の状態は悪い状態へと

傾いていってしまう。

不幸を感じやすい状態へと

傾いていってしまうんです。

ちょっと深呼吸をしてみましょう。

そして、落ち着いた状態で

冷静に考えてみてください。

「気にしない」

「言い訳しない」

「諦めない」

という事は人生において

正しい考え方かも知れません。

でも、本当に、

「気にしない」

「言い訳しない」

「諦めない」

という感覚を持てている人は、

このような言葉を使いません。

「気にしない」

は気にしている人のみが

使ってしまう言葉です。

「言い訳しない」

は言い訳が頭に浮かんでいる人が

使ってしまう言葉です。

「諦めない」

は諦める気持ちが生まれている人が

使ってしまう言葉です。

つまり、

「気にしない」

「言い訳しない」

「諦めない」

というような言葉を使う時点で

既に囚われの中にいて、

このような言葉を使うたびに、

更なる囚われを生んでしまうんです。

例えば、私は男です。

でも、男でいる事に疑問を持ち、

「男じゃない、男じゃない」

と口に出したり、

頭の中で考えていても、

男であるという現実に

更に囚われて苦しくなってしまう。

いくら自分で

「○○しない」と考え、

口に出したとしても、

現実は変わる事は無いんです。

だからこそ、この不快から

抜け出す事も出来ずに

苦しさを感じ続けてしまう。

私達は不快を感じてしまった時、

「○○しない」と考える傾向があります。

この考えは、確かに正しい場合も多いです。

でも、だからと言って、

「○○しない」と考え続けたり、

「○○しない」と口に出していれば、

余計その不快を意識している事になり、

苦しさも感じやすくなる。

心は不幸を感じやすくなるんです。

悩みを抱えて誰かに相談した時も、

「気にしない方が良いよ」

というアドバイスを貰う場合も

多いと思います。

だからと言って、自分も

「気にしない」と考え、

過ごしていてはいけません。

自分がやるべき事は、

「気にしない」と考える事でなく、

自分の心がプラスに傾くような事を

考えたり、行ってみて、

『気にならない』状態を作り出す事。

この状態になる事が大切なんです。

「○○しない」と何度も考える事は

あなたにとって必要な事じゃないし、

逆に、自分の心の状態を追いつめ、

苦しい状態に傾けてしまう

危険がある事に気付いてください。

不快な状態から抜け出すには、

「○○しない」と考えるのでなく、

自分の思考や行動を整え、

『気にならない』状態を作り出す事。

不快な状態だと、一人では、

自分の思考や行動を整えることも

難しい場合も多いです。

そういう時は、一人で抱え込まず、

専門家のサポートを受けましょう。

不快から抜け出したい人は、

カウンセリングを受けてみましょう。

カウンセリングの申し込みはこちらから。

カウンセリングは自分の心と向き合う時間です。

だからこそ、沢山の気付きを得る事が出来る。

自分の心の状態に気付けるのはもちろん。

どのように整えればいいのか?

人間にとって心の状態が

どれだけ大きな違いをもたらすのかにも

気付く事が出来るはずです。

人間の心にとって「○○しない」は

『○○』に意識が向いて囚われてしまいます。

だからこそ、『○○』から意識を外して、

自分の気持ちを高められる

他の思考や行動で自分を整える事が

とても大切なんです。

カウンセリングの申し込みはこちらから。

一緒に自分の心を自分で整え、

充実した人生を過ごしましょう。

 

最後までご覧頂き、ありがとうございました。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ