拒否という反抗の向かう先はどこか?

こんにちは、習慣リノベーションカウンセラーの佐古です。

 

ついに衆議院で安全保障関連法案が

可決されてしまいましたね。

 

多くの国民の理解がないまま

重要な法案が可決されていくことは

とても残念で怖いことだと思います。

 

民主主義とは何なのか?

疑問を感じる事の多い今の政治家達に

再度見つめ直してほしい想いです。

 

さて今日は、安全保障関連法案の

採決時にも見受けられた問題、

採決拒否を例に、

拒否という反抗が向かう先について

一緒に確認していきたいと思います。

 

国会では度々見受けられる採決拒否。

過半数を超え政権を握るグループ与党と

議員人数では劣る与党以外のグループ野党。

この与党と野党で国会は成り立ち、

様々な議論が行われながら予算や法案を決めていきます。

 

そして今回のように与党の出した法案に

議論を重ねても解り合う事が出来ない時、

与党は過半数超えの権力駆使して

強引にでも法案などを可決ようとします。

 

この採決の時、野党がとる行動に

今回のテーマである拒否という反抗がある訳です。

あなたはこのような拒否という反抗をどう思いますか?

 

私は悲しくなりますし、

国会議員を辞めて欲しいとも思います。

 

野党の意見に解り合う姿勢を持たず

強引に可決を進めてしまう野党も悲しいですが、

自分達に与えられた権利を放棄して、

採決拒否という幼稚な反抗しかできない

野党も悲しくて仕方ありません。

 

安全保障関連法案反対のデモは

全国様々な地域で行われていました。

国会での発言権も投票権もない国民は

デモという形で意思表示をするしかありません。

 

無関心派の人達にも声を届かせ、

危険性を知ってもらう事も大切です。

 

でも、そんな国民から選挙によって選ばれ、

国会内での権利を与えられた議員が、

人数で負けてしまうから採決には出ず、

国民と同じように反対と叫ぶことは大切ではないはずです。

 

このような採決拒否で国民と同意だと示しても、

国民の信頼は得られることはないはずです。

国民は自分達の気持ちを代弁し、

最後まで正しい方向に導こうとする政治家として、

今の議員を当選させているのですからね。

 

今回のテーマである拒否という反抗の向かう先、

これは「裏切り」「不信感」「敗北」だと思います。

 

拒否というのは何らかの権利を拒否しているという事です。

今回の野党であれば、

選ばれたものだけが得られる

国会議員として権利を、採決時に拒否したんです。

 

選ばれ与えられた権利を自分勝手に拒否する事は

裏切りという方向に前進したという事です。

 

自分(国民)の代理として託した権利を

勝手に拒否されれば不信感が渦巻くのは自然です。

 

そして、権利という武器を拒否するのなら、

勝ち目を自分から0にすることにもなり、

敗北宣言をしているようなものです。

 

これは政治の問題の話ではありません。

私は政治批判をブログでしたいのでなく、

この政治家という反面教師に気付き、

自分の人生で同じような過ちを

起こさない心作りをしてほしいというのが願いです。

 

例えば、あなたは仕事で

重大なプロジェクトを任されたが、

問題も多く、上手くいく見通しは低い状況になった時、

どのようにこの仕事に取り組むでしょうか?

 

こんな状況じゃ誰だって無理だと諦め、

最後まで出来る努力を続けずに

文句や言い訳ばかりを頭に浮かべてしまいませんか?

 

現代社会は結果主義でもあるので、

結果は確かに重要なことだと思います。

私も結果を求め日々頑張っています。

 

でも、私達人間には結果をコントロールする

神様のような力はないはずです。

 

あるのは、自分自身をコントロールする力。

自分に与えられた権利などを最後まで

フル活用しながら自分のベストを尽くす事だけです。

 

結果はこの先にあるもので、

自分の権利を使い切り、

自分自信をコントロール出来た時、

一番自分の望む結果に近づけられるはずです。

 

もちろんそれでも結果として報われない事が

あるのも現実ですが、この努力は見られています。

 

例え望む結果は得られなくても、

この姿勢、取り組む姿が信頼を生み

より良い人間関係を築いていくケースは

世の中にたくさんあります。

 

あなたの人生経験でも、

あなたが信頼を得られて

より良い人間関係を築けたのは

望む結果を得られた時だけではないはずです。

 

結果は本当に大切ですし誰もが求めるもの。

でも、自分に出来る事は限られているのも事実。

そして、結果を求め自分の権利を使い切り、

自分自信を最後までコントロールして取り組んだ時、

最も望む結果に近づくことが出来る。

もし、それでも結果を得られなくとも、

この姿勢が信頼を生み人間関係を築いてくれる。

 

更に、この自分の取り組み方を

誰よりも観察し見逃すことなく注目しているのが

もう一人の自分とも言われる無意識です。

 

だから、結果を求め自分の権利を使い切り、

自分自信を最後までコントロールして取り組んだ人は、

結果を得られなかった時も自信を得られます。

 

結果を出せず自信を失う人の多くは、

最後まで結果を求め自分の権利を使えなかったり、

自分自信を最後までコントロール出来なかった、

というケースに当てはまっているものです。

 

拒否という反抗で結果が覆る事はまずありません。

それどころか自分で終わらせてしまい、

他人や自分に不信感を抱かせるのが

拒否という反抗の向かい先でもあります。

 

今後、あなたは自分が不利な状況の時、

どのような過ごし方をしたいでしょうか?

 

結果を出す可能性を高める追及をし、

もし結果を出せなくとも得られるものがある

人生を歩みたいのなら、

カウンセリングを受けてみましょう。

カウンセリングの申し込みはこちらから。

 

カウンセリングは自分の心と向き合う時間です。

だからこそ、沢山の気付きを得る事が出来る。

自分の心の状態に気付けるのはもちろん。

どのように整えればいいのか?

人間にとって心の状態が

どれだけ大きな違いをもたらすのかにも

気付く事が出来るはずです。

 

状況が悪い時、拒否という反抗に

流されそうになる気持ちは解ります。

 

私も昔はよく拒否という反抗をしていました…

だからこそ、拒否という反抗の向かう先が

より険しい人生だと実感を通して知っています。

 

更に10年間のカ ウンセリング経験で

多くの人が拒否という反抗の末、

より険しい状況に陥ってしまった事も知っています。

 

拒否は反抗を示す態度ではなく、

自分の望む方向へ進むときに使う態度です。

自分が望む結果を見失うことなく、

前進できる取り組みをしていきましょう。

 

カウンセリングの申し込みはこちらから。

一緒に自分の望む方向に前進し、

充実した人生を過ごしましょう。

最後までご覧頂き、ありがとうございました。

 

PS.あなたにお勧めな本があります。

あなたは無意識に自分を不幸にしているかも?

不安、悩み、ストレスから

あなたを開放する脳と心の科学を徹底解説

自分を不幸にしない13の習慣

http://directlink.jp/tracking/af/356473/fGFLucGf/

 

不安、悩み、ストレスに苦しんでいるけど、

まずは自分で出来る事を頑張ってみたい

と言う人にもお勧めな一冊です。

心を解放するキッカケとなるはずです!

自分を不幸にしない13の習慣

http://directlink.jp/tracking/af/356473/fGFLucGf/