8月に入りましたが、

夏らしい猛暑が続いていますね。

 

夏と言えば高校野球ですが

面白い記事を見つけたので

今日はシェアしながらパフォーマンスついて

一緒に考えてみたいと思います。

 

“レジェンド”鳥羽は全員正座でスタート!練習前に続けてきた習慣

 

上記の記事なのですが、

甲子園のベンチ前で

全員正座をしている球児の写真が印象的です。

 

写真だけを見たら、

球児達が何かミスをしてしまい、

監督に正座の罰をさせられている

というように受け取る人もいるかも知れません。

 

それだけ私達にとって

正座とはマイナスなイメージが

強く染み付いているのだと思います。

 

あなたはどうでしょうか?

あなたが正座をすることになったら、

どんな気持ちになるでしょうか?

 

あなたのパフォーマンスは

正座をすることによって向上しますか?

 

今回、ベンチ前での全員正座を披露した

鳥羽高校の球児達にとって正座は、

パフォーマンスを向上させる行動とのことです。

 

鳥羽高校の球児達にとって正座は

昨秋の新チームになってから、

練習前に毎日続けてきた習慣です。

 

「重心を落として息を抜くことで、いいパフォーマンスができる」

と主将の梅谷君は語っています。

 

この習慣と梅谷君のコメントを受け、

あなたはどう思いますか?

 

あなたも正座を毎日の習慣とすれば

自分のパフォーマンスを向上出来る

と本心から思えるでしょうか?

 

たぶん、多くの人が難しいでしょう。

でも、鳥羽高校の球児達が

特殊であるということでもありません。

 

実はこの習慣によるパフォーマンスの向上は

応用スポーツ心理学の手法に沿った

素晴らしいパフォーマンス向上方法です。

 

多くの人にとって正座は

罰などマイナスイメージがありますが、

本来は心を整える座り方でもあります。

 

お坊さんは正座で心を清めますよね。

武道の世界でも正座や礼は

心を整える儀式とされています。

 

でも、今すぐ誰もが正座をすれば

パフォーマンスが向上する訳ではありません。

 

大切なのは実感と習慣です。

 

正座と言う作法から

リラックスなどの実感を感じ、

この実感を大切に正座を繰り返し、

正座をすることによって自分の心が

整われて気分が良くなっていく事を

実感している必要があります。

 

鳥羽高校の球児達は

正座にプラス感情を実感し、

毎日の習慣にする事によって

自分の気分を自分で整える

という素晴らしいスキルを身につけました。

 

「自分の気分を自分で整える」

一見当たり前のように聞こえますが、

これが出来ていない人は多いです。

 

他人の発言に自分の気分を流されたり、

出来事の結果に自分の気分を流されたり、

今の環境に自分の気分を流されたり、

 

自分の気分を流される事が

悪いという事ではありません。

人間は様々な影響を受けて生きているので

流される事があるのも自然なんです。

 

ただ、流されっぱなしで、

自分の気分を自分で整える

というスキルの低い人は多いと思います。

 

昔は今ほど便利な社会ではなかったので、

人間が生まれつき持っているスキル

自分の気分を自分で整えるスキルを

活用して過ごしていたので、

スキルが高い人も多かったように思います。

 

今は便利な社会となり、

自分の気分を整えるのも

外部頼り、社会頼りになってしまう

傾向が強いと思います。

 

つまり、自分の気分を自分で整えるスキルを

活用しないで過ごしているから、

スキルが落ちて低い人が増えている。

 

だからこそ、パフォーマンスを

発揮出来ていない人も多いと思います。

 

あなたの周りにも能力はあるんだけど、

上手くパフォーマンスを出せていない

と感じる人がいませんか?

 

いつものあの力を今出せば良いのに、

肝心な時に出せない人も増えているように思います。

 

肝心なときと言うのは、

環境的にはプレッシャーもかかり、

あなたの気分はマイナスへ傾きやすい状況です。

 

だからこそ、環境に自分の気分を流され、

自分で自分の気分を整えるスキルも低ければ、

パフォーマンスは上手く出せなくて当然なんです。

 

自分で自分の気分を整えるスキルが高く、

良いパフォーマンスに自分で整えてから

試合にも挑める鳥羽ナインの活躍が

今年の甲子園では楽しみです。

 

パフォーマンスはスポーツだけでなく、

ビジネスでもプライベートでも重要ですよね。

 

日々の仕事のパフォーマンスが高い人は

ビジネスでも勝ち組になりやすい。

 

いつも自分の気持ちを自分で整え

気分良くパフォーマンスの高い人は

良い人間関係を築ける事にも繋がります。

 

恋愛においてもパフォーマンスが高いという事は

自分の魅力を発揮出来ているという事ですので、

関係も良好な方向に進みやすいですよね。

 

夏が勝負の受験生達も

日々の勉強のパフォーマンスが高ければ、

成績が伸びる勉強ができますし、

高いパフォーマンスで挑めてこそ

テストの結果も良くなるはずです。

 

人間ならパフォーマンスの向上は

誰もが必要とするはずです。

 

そして、パフォーマンスを向上させるには、

自分の気分を自分で整えるスキルが必要です。

 

鳥羽ナインは正座と言う習慣を

自分の気分を自分で整えるスキルにしました。

 

あなたの習慣にはどんなスキルがありますか?

自分の気分を自分で整えるスキルを

パフォーマンスを高める為に使えていますか?

 

もっとパフォーマンス高く生きたい、

気分が流されっぱなしの人生を抜け出し、

自分で自分の気分を整えたい人は、

カウンセリングを受けてみましょう。

カウンセリングの申し込みはこちらから。

 

カウンセリングは自分の心と向き合う時間です。

だからこそ、沢山の気付きを得る事が出来る。

 

自分の心の状態に気付けるのはもちろん。

どのように整えればいいのか?

人間にとって心の状態が

どれだけ大きな違いをもたらすのかにも

気付く事が出来るはずです。

 

 

パフォーマンスを向上させるには、

向き合うもののスキルを高める事だと、

一生懸命練習に取り組む人が多いです。

 

確かにこのような努力は必要で、

一生懸命取り組める事も素晴らしい。

 

高校球児で言えば、朝から晩まで

野球の練習に明け暮れる感じですね。

 

ただ、人間だからこそ、

パフォーマンスを向上させる方法は

他にもあると気付き、

こちらの練習もしておく事が重要です。

 

鳥羽高校の球児のように、

野球の練習+αとして、

自分で自分の気分を整え

パフォーマンスを向上させる習慣を

作っておく事は大切な事です。

 

あなたも人間だからこそ、

自分の心を整える習慣を作り、

パフォーマンス高い日々を過ごしませんか?

カウンセリングの申し込みはこちらから。

一緒に自分の気分を整えパフォーマンスを向上させ、

より充実した人生を過ごしましょう。

最後までご覧頂き、ありがとうございました。

 

PS.あなたにお勧めな本があります。

あなたは無意識に自分を不幸にしているかも?

不安、悩み、ストレスから

あなたを開放する脳と心の科学を徹底解説

自分を不幸にしない13の習慣

http://directlink.jp/tracking/af/356473/fGFLucGf/

 

不安、悩み、ストレスに苦しんでいるけど、

まずは自分で出来る事を頑張ってみたい

と言う人にもお勧めな一冊です。

心を解放するキッカケとなるはずです!

自分を不幸にしない13の習慣

http://directlink.jp/tracking/af/356473/fGFLucGf/