[`evernote` not found]
LINEで送る
GREE にシェア

こんにちは。
習慣リノベーション心理カウンセラーの佐古です。

昨夜はサッカー日本代表の
W杯アジア2次予選最終戦が行われました。

前半からチャンスは多く作れるものの
なかなか決めきれない微妙な展開…。

でも後半21分に香川のゴールが決まると
日本の選手に余裕が生まれたのか?
シリアの選手の集中力が切れたのか?
ゴールラッシュで結果は5−0の圧勝。

まだ2次予選ですし、この圧勝も
実力からすれば順当な結果です。
サッカー

この試合を見ていてもサッカーは
メンタルが大切だと気付かされます。

最終的には実力を発揮できて
圧勝できた日本代表も
前半は実力を出し切れずオウンゴールのみ。

後半に香川ゴールをキッカケに
実力がドンドン発揮されていきました。

日本人の典型的なメンタルとして
結果が出たら一気に心が安定し
実力が出せるようになる傾向を強く感じます。

ビジネスマンでも主婦でも学生でも同じ、
1件契約を取れると調子が乗って契約が取れてく、
褒められると腕を振るい美味しい料理が作れる、
テストの結果が良いと勉強に集中でき捗る。
こんな経験をあなたもしているはずです。

このように結果をキッカケに実力が出せるのは
悪いことではなく、素晴らしいことです。

ただ、結果を出せる前から実力をもっと出せれば
順調に実力を発揮できて過ごせる時間は増え、
気分良くもっと良い結果も出せるはずですよね。

今、5連裁でお届けしている
『自信喪失から回復する5つのポイント』
は普段から自信を持って過ごせるコツでもあるので
結果を出す前から実力を発揮出来る
自分になれる方法とも呼べる情報です。

今日も『自信喪失から回復する5つのポイント』
4つ目を伝えていきますので、
より良い生活と人生に活用して頂ければ幸いです。

自信喪失時に振り返るべき過去とは?

自信喪失時に多くの人は過去を振り返ります。
過去とは自信喪失のキッカケとなった過去です。

そして自信喪失のキッカケとなった
過去に似たような過去を探そうとしています。

例えば、気をつけるように言われていたのに
うっかりミスをしてしまい怒られたことで
自信喪失してしまったとしましょう。

この時まずはミスした時を思い出し、
怒られている自分を思い出し、
落ち込んだり、苦しんだりします。

そして、過去の自分に似たような経験がなかったか
探し出そうと過去を振り返る傾向が強いです。
仕事のミスで自信喪失するOL

これは脳が過去の経験を元に
現状の打開策を探す働きなのですが、
この脳の意図に沿って過去を受け入れられる人は
残念ながら少ないのが現実です。

すでに自信喪失し落ち込んで心も弱っているので、
過去の似たような経験を思い出しても、
打開策を見つけ出すという余裕はなく、
やっぱり自分はダメなやつだったんだと
自分を責める傾向に傾く人が非常に多いです。

自信喪失時と同じような過去を振り返ると
打開策を見つけ出すのではなく、
自分を責める理由を見つけ出してしまい
更に自信喪失していくということです。

でも、自信喪失時に無意識でいると
脳は勝手に過去の振り返って
自信喪失時と似たような過去を探し出そうと
働いてしまうのが人間のシステムです。

だからこそ自信喪失からスムーズな回復をする為、
脳の過去検索のシステムを書き換えて
バージョンアップさせてあげる必要があるんです。

自信喪失から回復させる財産がある!

今のままだと自信喪失時に無意識で
脳が勝手に過去の失敗体験を検索するシステムが
私達にはあることに気付いて頂きました。

そして、このシステムのままでは
自信喪失状態の負のループに
ハマって仕舞う危険も高いです。

なので、自信喪失からスムーズな回復をする為、
脳の過去検索のシステムを書き換えて
バージョンアップさせてあげるのですが、
どうシステムを書き換えればいいのか?

脳は不明確なものに焦点を当てることが
苦手な傾向があるので確実な過去に向かいます。

なので、脳の過去を探るシステムを
無くすような書き換えはできません。

ポイントは脳の検索システムの対象を
どこに書き換えるかということになります。

感の良い人なら既に答えは見えてきたはずです。
過去の失敗体験という検索対象を
過去の成功体験という検索対象に書き換える。

人間は大人になれば大抵の問題を乗り越える
打開策を既に持っているというのは事実です。

だから、脳が過去に打開策を探すことは
間違いではないし必要不可欠なことです。

私達は自信喪失から回復させる財産を
既にたくさん持っているんです。
事実確認

あなたが過去に問題を乗り越えた成功体験
あなたが過去に目標達成させた成功体験
あなたが手にしてきたプラスな結果を導き出した
成功体験こそが自信喪失から回復させてくれます。

脳のシステムを切り替える方法

では、どうすれば脳の検索システムを
過去の失敗体験から過去の成功体験
切り替えることが出来るのでしょうか?

この切り替え方法はとてもシンプルです。
ただ、時間と労力を必要とします。

なので、魔法の様に一瞬で切り替えたいという
非現実的な考えの人は切り替えられません。

毎日数十回、過去の成功体験を
自分から意識的に思い出し触れる時間を作る!

このシンプルで簡単な作業を数ヶ月毎日
続ければ脳のシステムは切り替わります。

私達は失敗をして怒られると
失敗を振り返り反省する様
指示されることが多いと思います。

子供の頃から親や先生、周りの大人に言われ
失敗を振り返るという習慣を身につけました。

この振り返りと反省は大切なことでもあり、
出来る様になったからこそ
同じミスを繰り返すことは減らせています。

ただ、私達は成功体験をした時に
振り返って自信を築くという習慣が
殆どの人にないと思います。

成功と言っても大きな成功でなければ
親や先生も褒めてはくれない場合が多いです。

そして、大きな成功であっても
一緒に喜び褒めて貰えることがあるだけで、
振り返ることはなく
翌日にはいつもの生活に戻っています。

つまり、多くの人にとって
自分の成功体験を振り返る習慣がなく
成功体験という最高の財産を眠らせている。
脳

だから、この財産を活用すれば
自信喪失からスムーズに回復できるし、
そもそも、自信喪失しにくい状態で過ごせ、
常に自信持って実力を発揮出来る
自分で過ごせるようにもなっていきます。

『自信喪失から回復する5つのポイント』
の四つ目として、今日は
『過去の成功体験を振り返ると
自分喪失からスムーズな回復が出来る』

を伝えさせて頂きました。

次回は、自信喪失から回復する
五つ目のポイントを伝えていきますので
楽しみにお待ちください。

PS1.2016年ハートフルタイムで
新たなサービスが開始されました。

ハートフルお茶会という
気軽に心理学を学べるお茶会です。

お茶会風景

より多くの人に心理学を学んで頂き、
心満たされる(ハートフルな)人生を目指せるよう
気軽に参加できる少人数でのお茶会を始めました。

4月は『一瞬で自信を生み出すお茶会』
『恋を実らすお茶会』を開催します。
お茶会ではどんな人も一瞬で自信を生み出せる
秘訣を公開しながら恋愛成就の要となる
自信の悩みについて語り合ったり、
心理学の観点から導き出す恋を実らす方法を
学びながら恋の実らせ方を語り合ったり、
プチ相談会形式で楽しく心理学を学んで頂けます。

開催日時:4月24日(日)15:00~17:00
『一瞬で自信を生み出すお茶会』
     4月29日(金)15:00~17:00
『恋を実らすお茶会』

定員:5名

会費:3000円

場所:ハートフルタイム カウンセリングルーム

講師:習慣リノベーション心理カウンセラー 佐古 康弘

※会費の支払いは当日現金払いのみとなりますので、ご了承ください。

申し込みはこちらから

※5名限定のお茶会ですので、申し込みの
タイミングによっては定員オーバーになる事も
御座いますので、申し込みはお早めにお願いします。

一対一のカウンセリングはちょっと敷居が高いけど、
心理学の勉強をしながら
気軽に質問や相談をしてみたいという人は
是非、この機会を活用し、
心の変化で自分を変えられるという
あなたの人生をより良く前進させる方法を
体験して頂ければと思います。
申し込みはこちらから

PS2.私の初出版本の販売が開始されました!

Amazonのみでの販売ですので購入はこちらから!

あなたに自信がない理由

あなたに自信がない理由
~今日から自分を変える自信習慣~

多くの人が自信を持てない理由について
事例を用い解説し、
誰でも持てる自信の築き方を紹介しています。

心理学の観点から見た自信がもたらす
心の効果を知れば、
本当の自信の大切さに気付き、
人間にとって自信を持てている事こそが
より良い人生を歩める状態だと気付けるはずです。

自信があるのか?自信がないのか?
恋愛においても結果を左右する
疎かにはできない問題です。

『自信がなければ魅力も輝かない』

あなたに魅力があっても自信がなければ
その魅力は霞んでしまいます。

これは人間のメカニズムの問題として
自信がパフォーマンスに直結するからです。

ご購読頂き、2016年こそは
自信持って恋愛へ挑み
パートナーと巡り合って頂けたら幸いです。
只今、出版記念キャンペーンを実施しています。
第一章までの立ち読み特典、
購入者限定の特別特典を用意しています。
本の購入代金よりも高額なお茶会への
1コイン招待特典もありますので、
是非、この機会を活用して頂ければ幸いです。

出版記念キャンペーン

最後までご覧いただきありがとうございました。