[`evernote` not found]
LINEで送る
GREE にシェア

明けましておめでとうございます。

習慣リノベーション心理カウンセラーの佐古です。

 

2016年がスタートし10日目になりますが、

順調なスタートになっているでしょうか?

 

新年の抱負は真剣に作らないと損をする

 

年明けのこの時期は職場の新年会などもあり、

新年の抱負を語る機会もあると思いますが、

あなたは新年の抱負をしっかり作っていますか?

 

新年の抱負なんて職場の新年会で

適当に答えておけばいいと思っている人もいるでしょうが、

実は、新年の抱負は適当では損をしてしまいます。

 

確かに、職場の新年会程度なら

適当な抱負を語って切り抜けるのも有りでしょうが、

そもそも新年の抱負とはそういうものではありませんよね。

 

新年の抱負は今年のゴールを

明確にすると言う事でもあります。

 

つまり、新年の抱負を作らなかったら

今年のゴールが存在しない状況で

1年を過ごす事になってしまいます。

 

これは状況や他人に流されやすい

1年を過ごす危険が高くなるとも言えます。

 

また、新年の抱負を適当に作ると

今年のゴールが適当なゴールとなり、

ゴールを見失いやすくなってしまいます。

 

新年の抱負は今年のゴールを作る事だと考え

あなたらしい明確なゴールを作る事をお勧めします。

 

新年の抱負がどういうものなのかを理解して頂いたら

本日の本題である新年の抱負が自信を築くという事について

伝えていきたいと思います。

 

なぜ、新年の抱負が自信を築くのかというと、

新年の抱負を作り今年のゴールを明確にする事で

新年の抱負を叶える為に、前進する日々を

過ごせるようになるからです。

 

新年の抱負を作れば前進出来、

新年の抱負が叶えられるという

おとぎ話のような話をしたい訳ではありません。

 

現実的に新年の抱負を作り

今年のゴールに向かって前進出来る事が、

新年の抱負を作らなかったり、

新年の抱負を適当に作って過ごす

1年の過ごし方と比べて自信を築けるという事です。

 

例えば、太っていて健康的にも良くないので

痩せたいなと常々思っているAさんがいたとします。

 

Aさんが新年の抱負を作らずに

痩せたいと常々思っているだけのまま

1年を過ごしたらどうなるでしょうか?

 

結局、思っていただけで

変わる事のない体型のAさんがいる。

 

Aさんの生活習慣によっては

更に太ってしまったという結果もあると思います。

 

当然、変われない自分、更に太った自分に

自信を持てずに2016年を終えるはずです。

 

では、Aさんが新年の抱負を誰かに聞かれ

その場凌ぎで適当に「痩せる事です」

と答えていたらどう変わるでしょうか?

 

適当に口走って作った新年の抱負ですが

この抱負を口にした直後は痩せる事を意識し、

痩せる為の行動を起こし前進出来たりもします。

 

でも、その場凌ぎの適当な新年の抱負なので、

いつもの生活習慣に簡単に飲み込まれ、

新年の抱負を何にしたかも見失い、

結局、口走った一時だけの努力だけで

1年後も変わる事のない体型のAさんがいるでしょう。

 

当然、この過ごし方でも自信は築けませんよね。

 

では、Aさんが新年の抱負を真剣に考え

絶対に叶えるぞという意気込みで

「今年は毎朝ウォーキングをして10kg痩せる」などの

周りの人にも語れる新年の抱負を作ったらどうでしょうか?

 

毎朝ウォーキングをするという行動が明確になっているので、

その行動を頑張ろうと叶える努力をしやすくなります。

 

行動出来たという事は行動レベルの自信を築く事が出来ます。

行動レベルの自信が解らない人は

あなたに自信がない理由 ~今日から自分を変える自信習慣~

という私の本を参考に理解してみてください。

 

この行動レベルの自信が解らずに、

結果レベルでの自信だけで自信を築こうとすると

不安定な自信で脆く崩れさる危険があるので注意しましょう。

 

更に10kg痩せるという明確な数値目標もあるので、

この数値に少しずつでも前進している自分に気付く事で

大きな成功に繋がる小さな成功体験を実感出来、

自信が築かれていくはずです。

 

このように新年の抱負を叶える過程で起きている

小さな成功体験に気付き認めてあげられれば、

あなたの自信はコツコツと築かれて

10kg痩せるという大きな成功を達成させる為の

自信にもなってくれるはずです。

 

そして、もちろん1年後10kg痩せて

変われた自分になれた時には

大きな自信を手に入れられますよね。

 

新年の抱負が達成出来なくても自信は失われない

 

新年の抱負や目標は作っても達成出来ないと

逆に自信を失い、モチベーションを下げる

という見解があるのも事実です。

 

この見解を知っていてあえて

新年の抱負や目標を作らないと言う人もいます。

 

確かに、結果レベルの自信だけで

自信を構築しようと生きる人にとっては

このような見解は当てはまり、

自信を失い、モチベーションを下げる場合もあるでしょう。

 

でも、結果レベルだけでの自信構築と言う

危険な自信の築き方をしなければ問題ありません。

 

それに、達成出来なかった時、失敗した時の

ダメージを心配して新年の抱負を作らないなら、

新年を充実して過ごす可能性の多くも

捨てる覚悟が必要だと思います。

 

ゴールを作らないとは充実を感じる要素の多くを

捨てるという事でもある事に気付きましょう。

 

新年の抱負が達成出来るかどうかなんて

まだ神様にしか解らない事だと思います。

 

そして、人間は新年の抱負を達成出来なくても

新年の抱負を作って前進出来た事を

自信として今後の人生で活かす事が出来る生き物です。

 

私には今まで作ったけど達成出来なかった

抱負や目標が沢山あります。

 

でも、達成出来なかっただけで前進はしていて

今では自信の源になっている事ばかりです。

 

あなたにもこのような経験があるのではありませんか?

 

新年の抱負や目標を立て、

自分なりの出来る限りの努力をしたけど

結果としては達成は出来なかった抱負や目標が…。

 

そして、達成による大きな自信は手に入れられなかったけど、

頑張って達成に向かって前進出来た小さな成功体験が

その後のチャレンジの自信となっている事がありませんか?

 

新年の抱負や目標を達成出来る事にこした事はありません。

あなたの新年の抱負や目標が達成される事を願っています。

 

ただ、ちゃんと新年の抱負を作り前進の努力をしていたなら、

たとえ最終的に達成出来ない結果に終わったとしても、

この1年の努力で作り上げた小さな成功体験の積み重ねは

失われる事はないはずです。

 

最終的な結果が失敗に終わると言う事は、

自信を失うような出来事ではありません。

 

ちゃんとコツコツと前進の努力が出来ていたのなら、

ただ大きな自信を手に入れられなかったというだけの現実です。

失う必要はないのだと気付いて新年の抱負を作りましょう。

 

毎月の給料は頑張ったから貰えたけど、

大きな業績までは得られずボーナスが出なかったようなものです。

 

あなたはこの時、ボーナスが出なかったから給料も失うのでしょうか?

そんなバカな話はないですよね。

 

新年の抱負を作りコツコツと前進していれば、

最終的な達成の結果に関わらず自信は築けます。

 

自信を築いていきたいと言う人なら

新年の抱負を作らないのはもったいなさ過ぎます。

 

今からでも遅くはありませんから

新年の抱負を作って自信を築く環境を作りましょう!

 

では、最後までご覧頂き、ありがとうございました。

 

PS.私の初出版本の販売が開始されました!

Amazonのみでの販売ですので購入はこちらから!

あなたに自信がない理由 ~今日から自分を変える自信習慣~

 

多くの人が自信を持てない理由について事例を用い解説し、

誰でも持てる自信の築き方を紹介しています。

 

心理学の観点から見た自信がもたらす心の効果を知れば

本当の自信の大切さに気付き、

人間にとって自信を持てている事こそが

より良い人生を歩める状態だと気付けるはずです。

 

そして、この本は自分の自信習慣だけでなく、

子供や部下への教育にも応用出来るので、

心の病に陥りにくい心の強い子育てや

パフォーマンス高い部下の教育に興味のある人も

ぜひ、ご購読して頂きたいと思います。

 

ご購読頂き、2016年を自信持って過ごし

充実した年にして頂けたら幸いです。

あなたに自信がない理由 ~今日から自分を変える自信習慣~