こんにちは。
習慣リノベーション心理カウンセラーの佐古です。

春は天気も荒れやすいといいますが、
今日も雨が降ったり、強風が吹いたと思えば
日が出て気持ち良い陽気になったりしています。

天気が荒れていると心の状態が乱れる人もいますが、
あなたの心の状態はどうですか?

笑顔で子供と向き合えていたと思ったら
イライラして感情的に怒鳴ってしまったり
心を乱してしまっていないでしょうか?

波乱万丈、予測不能も起こる子育てでは
イライラせずにはいらせません。

でも、出来るだけ温厚に子供を見守って
自分の心も穏やかに余裕持って過ごしたいのも
多くのパパ・ママの願いだと思います。

なので今日は心理的にイライラの仕組みを確認し、
イライラせずに余裕を持てる子育ての向き合い方を
伝えていきますので参考にして頂ければ幸いです。

子育てでイライラするのは子供のせい?親の問題?

どこに相談すればいい?

仕事があるので毎日ではありませんが、
私も2歳7か月の娘の子育てをしています。

イヤイヤ期でもあるので駄々をこねる事も多く、
イライラしてくる出来事は満載なのが子育てだと思います。

だからと言って、イライラするのは子育てに悪影響ですし、
自分も不快になり不機嫌になってしまい得はありません。

出来る事ならイライラせずに子育てを楽しみ、
子供と笑顔で一緒にいたいとパパもママも願っています。

こんな考えを持ってイライラするのは損だと解っていても
子育てイライラしてしまうことは止まらない…。

そして、苦しいからこそ何とかしたいと
イライラの原因を探すパパ・ママも多いと思います。

やっぱり、言う事を聞かずに私をイライラさせる
子供に問題があるのだろうか?

いやいや、子供なんだから仕方ないのに
イライラして感情的になる私が悪いんじゃない?

子育てイライラを解消させようと考えて
このような2択にハマってしまい苦しむ親も多いです。

イライラの原因が子供であっても自分であっても
苦しいのが親という生き物ですよね。

このようにイライラの原因をちゃんと理解できずに
苦しい気持ちになりイライラもしやすい状態で
子育てに挑み続けるパパ・ママも多いように思います。

イライラの原因は人にあらず!

違う

子育てのように対人関係の中でイライラしてしまうと
私達はいつの間にかイライラの原因を誰かに向けようとします。

子育てなら、子供なのか、パパなのか、自分(ママ)なのか?

そして、一番イライラをぶつけやすい
パパにイライラ原因が押し付けられる姿は
様々な場面で多く目にするところだと思います。

イライラと向き合う時に、まず気を付けるのは
イライラの原因を人に向けないという事です!

子育てなど対人関係でイライラしたとしても
一見、相手のせい、自分のせいと思えますが、
イライラの原因て人にはないのが真実です。

人間がイライラしてしまう3大要因を確認しましょう。

1.ルール違反

ルール違反

日本には法律があり、法律に背くと違反になりますが、
ここで言う違反とはその人のルール(正しさ)に
背く違反行為の事を言います。

違反行為をやられた、見てしまった、知った時、
ルール(正しさ)を汚されイライラという心の反応がおきます。

子供が20時や21時(寝る予定の時間)になっても寝ない時、
イライラしてしまうパパやママも多いと聞きます。

子供が寝る時間(正しいルール)を汚されたので
パパやママの心には子育てイライラが生まれたんです。

でも、実は子供が寝なくても
子育てイライラしない親もいます!

子供は早く寝るものというルール(正しさ)を
持っていない親もいるからですね。

誰かが悪いのではなく、それぞれのルール(正しさ)が
違反されてイライラは心に生まれていると気づきましょう。

2.状態不良

親のストレス

2つ目の人間がイライラする原因は状態不良です。

体調が悪い時にイライラしやすい
というのは実感的に解りやすい人も多いですよね。

そして、人間状態には
身体の状態だけでなく心の状態もあります。

不安があるとイライラしやすい…
焦っているとイライラしやすい…
辛い気持ちでいるとイライラしやすい…
などなど心の状態が悪くてもイライラしやすくなります。

子育てですと不安を抱きながらも
一生懸命頑張るパパやママは多いので、
イライラしやすい状態であるとも言えます。

共働きだと時間の余裕がなく常に時間に追われ
焦っている事も多いのでイライラしやすい状態です。

子育ては体力も精神力も削られることが多いので
しんどいと感じているパパ・ママも多く
自分でも気づかずイライラしやすい状態になっています。

自分の子育てを振り返った時、
心身ともに良好な状態で子育て出来ていた時間は
あまりないと感じるパパやママも多いです。

子供やパパ、ママが悪いのでなく、
状態不良で子育てしている事こそが
本当のイライラの原因である場合も多いです。

3.共感不足

最後は1や2と重なる事も多いですが
「わかってもらえていない」という共感不足が
人間にイライラを生み出します。

人間は一人では生きられないといわれますが、
認められたり解ってもらえないと精神が破綻して
死んでしまう事すらある生き物だからです。

マイペースで自由気ままな子供に対して
ママはこんなに頑張っているのに解ってくれない
といつの間にか共感不足になりイライラしてしまう…。

仕事を理由に子育てを手伝わないパパに対して
子育ての大変さや私(ママ)の辛さを解ってくれない
といつの間にか共感不足になりイライラしてしまう…。

頭では子供は自由気ままなものだから仕方ない、
パパは仕事頑張ってくれてるんだから仕方ない、
と解っているんだけど共感不足の実感は埋まらない。

だから些細な事にもイライラしやすくなってしまう。

子供やパパに共感不足でもママ友間で
共感不足を解消出来ている人は
子育てイライラしにくい人も多いですよね。

心ある人間だからこそ、共感が不足すれば
なんでもない事でイライラしてしまう事も起こります。

イライラせずに余裕を持てる子育ての向き合い方

悩み解消

イライラは人間の心の反応である感情です。

あなたの心が反応しイライラしているのは
特定の人物に対してではありません。

人間が人にイライラするのなら、
どんな時でも誰でもその人にイライラしないと
その人がイライラの原因だと立証できないからです。

子育てにおいてもイライラするのかどうかは
人それぞれだという事を決して忘れてはいけません!

確かに子育てにはイライラしてしまうだろうと
多くの人が共感する出来事は多いと思います。

ただ、だからと言って子育てイライラは仕方ない、
子供が大人になるまで耐え忍ぶものだと
我慢するイライラ子育て生活は良くないですよね。

イライラせずに余裕持って子育てに向き合うには
1に気づき、
2に理解、
3.4がなくて5にメントレです!

まず子育てイライラは自分のせいでも
誰かのせいでないと気づくことが大切です。

イライラした時、イライラした後、
自分も含め誰かを責める事は
イライラしやすい自分を望む行為だと気づきましょう。

そして、イライラは人ではなく、
自分の中のルール(正しさ)違反、
状態不良、共感不足が生み出しているという
心のメカニズムを理解しましょう。

今までの自分がどんあルール(正しさ)を持ち
どんな状態で子育てに向き合う時間が多く、
どれくらい共感が満たされているのか理解しましょう。

問題は今までの考え方、捉え方、
それらが生み出す過ごし方の習慣にあるのなら、
考え方や捉え方を改善するメンタルトレーニング
(メントレ)を実践して過ごせばいいだけです。

イライラは減少していき次第に余裕が沸き上がり、
イライラせずに余裕を持てる子育ての向き合い方が
自然と出来ている自分になってくるはずです。

今日は長くなってしまったので、
次回、イライラしにくい自分に改善する
メンタルトレーニングについて伝えますので
楽しみにしていてください。

既に子育てイライラが酷く、
早急に楽しい子育てが出来るよう改善したい
という人はハートフルタイムの
お試しセッションを受けてみてください。

カウンセリングの申し込みはこちら

きっとあなたにはイライラしやすい悪習慣があります。

この悪習慣が子育てというイライラも生まれやすい環境で
悪循環を繰り返しあなたをイライラさせ苦しませています。

様々な理由はあるでしょうが状態によっては
子育て環境からいったんや一時離れて
ストレス発散や共感不足解消はもちろん、
根本的なイライラしやすい自分の改善行動も行う必要があります。

本当はニコニコと楽しく子育て出来るあなたを
悪習慣を改善することで呼び覚ましてあげましょう。

自分のため、子供のため、家族のため、
これからも続く子育て対策として今やるべきことは何でしょう?

大切なものを見失わず、幸せをたくさん感じられる
子育てライフを過ごせる自分に変わっていきましょう!

今日も最後までご覧頂きありがとうございました。