こんにちは。
習慣リノベーション心理カウンセラーの佐古です。

GWに入り子供たちのはしゃぐ声が
街中でもたくさん聞こえてきますね。

今年もたくさんの思い出が子供たちの心に生まれ
幸せな気分になれる事を願います。

さて、前回のブログで子育てで生まれる
イライラの原因についてお伝えしました。

イライラの原因は人にあらず!

子育てイライラすると子供のせいと思ったり、
受け止められない自分のせいと思い込んでいる人は多いです。

イライラの原因を人に向けてしまう人は
イライラしやすい人生を生きる事になるので、
まだ記事を読んでいない人は確認しておいてください。

そして、今回はイライラを生み出してしまう
考え方や捉え方の悪習慣を改善する
メンタルトレーニングを約束通りお伝えします。

参考にして頂きイライラしやすい自分を改善し、
楽しい気分の多い子育てライフを過ごしましょう。

イライラしやすい自分の問題点を見失わない

ストレス

イライラしやすい自分を改善する
メンタルトレーニングを伝える前に、
イライラしやすい自分の問題点を確認しておきましょう。

イライラの原因は人にあらず!

出来事や環境、人との向き合い方(考え方や捉え方)
イライラを生みやすい習慣があるのが問題です。

同じ出来事が起きても、同じことを言われても、
イライラしてしまう人とイライラせずに流せる人がいます。

このイライラの違いは
根本的な考え方や捉え方の違いです!

問題点は自分の考え方や捉え方だと気づき、
見失わずに考え方や捉え方を改善する事が
イライラしやすい自分を改善する基本姿勢です。

子供の言動でイライラしたから、
このイライラは子供のせいなど考えず、
イライラを生む本当の問題と向き合い改善しましょう。

イライラしやすい自分を改善するメンタルトレーニング

メンタルトレーニング

イライラする大きな原因の1つに
ルール違反がありましたよね。

このルールというのは自分が思い込んでいる
常識というものでもあります。

常識って言葉はよく使われますが、
十人十色個性豊かな人間にとって
ただの偏った意見である場合も多いんです。

共通意識といっても自分の周りに
同じ考えの人が多いというだけだったり、
同じと思っていても詳しく確認していくと違う事も多いです。

でも、私達は常識というルールを自然と持ってしまいます。

このルールがあるから自分らしく生きれたりするので、
ルールがあること自体に悪はありません。

イライラを生み出す問題になっているのは
ルールが一つでなくてはいけないという考え方です。

人間は十人十色それぞれ違う価値観があります。

もちろんルールも微妙に違って来るのですが、
この時にルールは1つであるべきという考えだと、
対立が生まれ自分と違うルールの人に過剰反応しやすく
イライラしやすい自分にもなってしまいます。

だからこそ、人それぞれ考えや価値観があり、
ルールは1つである必要はないという考え方を
身に着ける事がイライラしにくい自分を作ります。

メンタルトレーニングとしては、
「解ってあげる」と考えるメントレです!

毎日1時間に1回「解ってあげる」
と考えるだけのメンタルトレーニングです。

あなたは昨日、何回「解ってあげる」
と考えて子供と向き合えていましたか?

人間にとって考えるという行為は
意識付けとなり習慣になれば、
無意識にその考えが生まれ判断したり
行動できるようになってくるものです。

解ってあげるという思考習慣が身につくと
1つのルールの囚われから解放されるので、
ルール違反に過剰反応するイライラを減らせます。

子供の事を解ってあげようという気持ちはあっても、
実際に子育てしながら「解ってあげる」と考えてはいない。

だから、いつの間にか解ってあげる思考ではなく、
解らせようという思考になり
言う事を聞かない子供にイライラしてしまう…。

「解ってあげる」と考える習慣を作る事は、
無意識に子供の意見を否定せずに受け入れよう、
まずは子供の意見を聞いてあげようという
子育てに重要な心の姿勢を身に着ける事にもなります。

こうなれば子供と対立する場面も減って
言う事を聞いてくれない子育てイライラも減ります。

そして、「解ってあげる」という考えは
相手に安心を与えるという事にもなります。

フォワードの法則をご存知ですか?

見返りなど求めず純粋に与えると考えたり行動していると、
与える側である自分の心がフローに(気分よく)なる
という心の反応を提唱した心の法則です。

子育て自体がこのフォワードの法則でもあります。

子供に見返りを求めずに親は様々なものをわが子に与えます。

子供がどう反応するのか?何を返してくれるのか?
関係なく与えているのに幸せな気分になりますよね。

フォワードの法則で気分よく心の状態が落ち着いていれば
些細な事にはイライラしない自分でいれるはずです。

「解ってあげる」と考えるメンタルトレーニングで
解ってあげる思考習慣で生きる自分になれたなら、
それだけでも心は安定しイライラしない自分になるんです。

落ち着く

大切なのは、何かあった時に
「解ってあげる」と考えられるかではありません。

普段から「解ってあげる」と考える習慣を持ち、
状況に関わらず自然と解ってあげる対応が出来る
イライラしにくい自分になれるかという問題です。

子育てには大人のルール違反が多々起こりますし、
想定外の出来事も多いので考え方や捉え方が
対立思考だとイライラしやすいのは自然な心の反応です。

だからこそ、親は対立思考にならない思考を
メンタルトレーニングで身に着けられなければ、
イライラしやすい子育てをすることになります。

あなたの子育てで生まれるイライラ
今までのあなたの思考習慣がいつの間にか
子供と対立することで生まれているイライラです。

だからこそ、このイライラを改善できるのは
あなた自身でしかないのも事実です。

逆に言えば、自分さえイライラしない思考に改善できれば
イライラしない自分で子育てを出来るという事です。

これからの子育て、あなたはどんな思考習慣で向き合いますか?

本気で子育てからイライラを減らし、
子供と楽しく過ごせる自分になりたいという人は
ハートフルタイムのお試しセッションを受けてみてください。

カウンセリングの申し込みはこちら

子育てイライラには大人の正しさだけを追求する
対立思考が根本原因として存在しています。

子育てには何が正しいかを教えて指示することも
親の大きな責任としてあるのは事実です。

だからって、親の言い分が正しいと子供に向き合えば
対立して反発も多くイライラしやすい子育てになります。

目の前の問題だけに注目し正しさの押し付けでは
親の心にも子供の心にもイライラをたくさん生み出します。

イライラは心に生まれる感情だからこそ、
目に見えない心の問題にしっかり築いて、
目には見えない事への改善をする必要があります。

子育てイライラを改善させるメンタルトレーニングは
他にもたくさんあって他の人間関係にも応用が利きます。

子育てではイライラのきっかけとなるのが
子供だけとは限りませんよね。

夫(妻)、じいちゃんばあちゃん、ママ友パパ友、先生、
こういう人間関係でもイライラしにくい自分を作る
メンタルトレーニングが心理学にはあるんです。

自分のため、子供のため、家族のため、
これからも続く子育て対策として今やるべきことは何でしょう?

カウンセリングの申し込みはこちら

イライラして大切なものを見失わず、幸せをたくさん感じられる
子育てライフを過ごせる自分に変わっていきましょう!

今日も最後までご覧頂きありがとうございました。