こんにちは。
習慣リノベーション心理カウンセラーの佐古です。

前回の記事で子育てが楽しくなる
パパ時間をお勧めさせて頂きました。

今日は続編で子育てが楽しくなるだけでなく
家庭円満にもパパ時間が繋がることを
説明しながらお勧めしたいと思います。

子育てが大変だと感じているママの本当の理由!

泣き止まない子供

子育ては大変!

子供の成長が楽しい子育てですが
現実的に目を離せない時間が多く、
精神的にも肉体的にも大変というのは
世間一般でもよく知られている事実ですよね。

特に24時間常に子供と時間を共にする
ママたちにとってはパパたちとは違った
子育ての大変さを抱えています。

私もママの頑張りには日々感謝と尊敬の
気持ちでいっぱいだったので
大変さを理解していた気持ちでいました。

出来る限り家事や子育ても手伝って、
自分の事は出来る限り自分でなんとかする。

そんな努力にママも感謝してくれ
「ありがとう」と言ってくれてたので
大変さを共有していた気持ちになっていました。

でも、これはまだまだ理解不足でした。
常に一緒にいることの大変さを
私は解ってあげることが出来ていなかったんです。

ある日ママからLINEで
ママさんブログのリンクが送られてきました!

子育てが大変だと感じる本当の理由

このブログには子供と一緒にいる時間が短い
パパには盲点となっていたママ目線の
子育てが大変だと感じる本当の理由が書いてありました。

私も休みの日などは丸1日一緒に過ごすのですが、
24時間365日一緒に過ごすママだから感じる
子育てが大変な本当の理由には気づけませんでした。

そして、このママたちが感じている
子育てが大変な本当の理由を
少しでも理解し和らげる効果があるのが
前回から紹介しているパパ時間でもありました!

子育ては計画や欲求の遮断の連続!?

自由のない日々

仕事の時間を多く過ごすパパたちだって
仕事中にやろうとしていた事や
したかった行動を遮断されることも多いです。

でも、相手は大人なので「少々お待ちください」
が通じるんですよね。

そして、ちょっとの時間にきりよくさせられれば、
実はそんなにストレスも溜まらないのが人間です。

でも、赤ちゃんや子供には
「ちょっと待っててね」が通じません…。
トイレであっても待ってはくれません。

これが1日だけとかなら、
まだ子供の可愛さで耐えられる。

実際私がそうでしたが、
それでも「マジか…」と最初は思いました。

24時間365日一緒に過ごすママたちは
このフラストレーションの連続な訳です。

まさに自由が奪われた生活だと感じてしまうのが
本当の子育ての大変さだと思います。

ましてや、自由を奪う相手が
世界一可愛い我が子なのですから
気持ちも複雑ですよね。

だからこそ、ママたちに一時の自由を
生み出してあげることが
パパに最も必要な努力なのかもしれません。

パパ時間は1時間前後であっても
1時間という時間の自由は
ママたちにとってかけがえのない時間となるはずです。

朝のパパ時間が導く家庭円満の効果

家族円満

ママたちに1時間でも自由な時間を作ってあげ、
人間の欲求である「~したい」を達成させてあげることは、
ママの心の健康に大きく影響します。

心の健康というとぼんやりしてしまいがちなので、
パパたちにはママの機嫌がよくなるといった方が
効果に期待が膨らむかもしれません。(笑)

パパ時間は確かにママの休息となり、
つかの間の自由をプレゼント出来るのですが、
最初から効果的に出来るかというと
そう簡単な事でもないので注意は必要です。

なぜなら、前回の記事で紹介した
パパ自身やパパ愛を育む効果と違って
ママが安心できる対応をパパが出来ていないと
結局はママは自由になれないと感じてしまうからです。

の決まった子育て行動がない時間であっても、
普段からのパパの関わりがないと
子供も嫌がってしまいますし、
慣れるまで時間がかかってしまうのは否めません。

特にパパ見知りになってしまっているのなら、
それだけ時間をかけて子供が懐くのを
待つ必要もありますので覚悟はしましょう。

結局、子育てもズルできる裏道はなく、
地道に時間をかける必要があるのだと思います。

その代わり、ちゃんと時間を作って続ければ、
子供はパパ大好きになるでしょうし、
ママの自由時間もたくさんプレゼント出来て、
自分も楽しく幸せな時間が多くなり、
家族円満へと前進していける訳です。

そして、パパ時間も慣れて、
子育ての楽しさとスキルを身に着ければ、
今度はママに1日の自由時間も
プレゼントすることだって出来てきますよね。

いつも頑張るママを近くで見ているパパなら、
たまには息抜きに遊んできてほしい
と思う事もあるかと思います。

これはとても素晴らしい気持ちですが、
気持ちだけではママの心を
本当に満たしてあげることは難しいはずです。

だからこそ、普段からパパ時間
子育てを任せてもらえる存在に
なっておく必要もあることを忘れてはいけません。

24時間365日子育てに奮闘するママの目は
会社の上司よりも厳しいですよ!(笑)

家庭円満になるにはパパの子育て理解度や
ママの負担を和らげる努力だけでなく、
ママのパパに対する理解と対応も忘れてはいけません。

ママには24時間365日一緒に過ごす
子育ての本当の大変さがあるように、
パパには仕事と子育てを両立させる
子育ての本当の大変さがあるはずです。

だから、子育てでいっぱいいっぱいでも、
夫婦で気持ちを語り合う時間が大切です。

家庭円満というのは語り合って解り合えているからこそ
生まれている家族の状態でもありますからね!

今日も最後までご覧頂きありがとうございました。