恋愛スキルの高い人

恋愛においては、

モテる人とモテない人がいます。

このモテるモテないを

見た目の問題と決めつけて

モテることを諦めてしまう人も多いです。

確かに、最初は見た目も重要ですし、

モテる要素の1つであることは揺るがない。

でも、モテる要素は、

他にもたくさんあるんです。

例えば、モテる人とモテない人の違いに、

恋愛に積極的になれているか?

というものがあります。

モテる人は恋愛に積極的ですが、

モテない人は恋愛に消極的です。

モテない人は恋愛に対して、

積極的に動けば傷ついてしまう

という防衛反応を持っていて、

頭では動かなければ、

恋愛は上手くいかないと解っていても、

動けずにモテない状態を

維持してしまっている場合が多いです。

では、モテる人は、

積極的に動いても傷つかないのでしょうか?

そんなことはありません。

モテると言っても完全なんて事は

絶対にありえないのが人間です。

積極的に動く事で、

フラれてしまい傷つく事だってあります。

でも、積極的に動く事には

防衛反応が働かないんです。

なぜだと思いますか?

「モテるから」なんて

単純な答えではありませんよ。

積極的に動くということでなくて、

消極的になる事に対して、

防衛反応が働いているからです。

モテる人だって、

積極的に動いた結果、

傷ついてしまう事だってあります。

でも、モテる人は気付いているんです。

自分自身が最も傷つく結果を。

自分自身が最も苦しい事が何なのか。

それが、消極的になってしまうこと。

モテない人は、

積極的に動いて、

上手くいかない事に恐怖を感じていますが、

モテる人は、

消極的になってしまい、

何もできずに独りになる事を怖がります。

つまり、最も恐怖を感じることが、

モテる人とモテない人では違うんです。

そして、人間の心の反応から見れば、

独りなる事が最も苦しい事でもあります。

もちろん、フラれる事も、

心の反応としては苦しい事ですが、

どっちが苦しいのかと言われれば、

独りになる事が苦しい事なんです。

だから、心の反応と同じように、

独りになる事に恐怖を感じ、

消極的になる事に

防衛反応が働いている人の方が、

気持ちを大切にした行動が出来、

チャンスも多く作れるのだから、

良い結果も多く出る事になる。

だから、結果論的に、

モテる人ということになるんです。

今伝えた事は、モテる人も

無意識に行っている人が殆どですが、

これは素晴らしい恋愛スキルでもあります。

才能ではなくスキルなので、

今、モテない人になっていても、

意思の力で、恋愛恐怖の対象を、

積極的に動いてフラれることから、

消極的になってしまう事で

結局独りのままで過ごすことに、

変えてあげればいいんです。

今までの恐怖の感じ方と違うので、

すぐに変える事は出来ないでしょう。

でも、意思の力で1ヵ月、

恐怖の感じ方に修正をしていけば、

消極的でいる事が

最も怖く、動かない事に、

防衛反応を働かせて、

積極的に動けるようにもなれるんです。

あなたは、次の野球選手の内、

どっちの選手になりたいですか?

1.自分がヒットを打てると

確信出来る相手と以外勝負を避け、

1シーズン数打席しか

バッターボックスに立たない選手。

2.常にフル出場を果たし、

どんな相手にも挑んで、

打率3割の選手。

もしかしたら、打率は1の方が

良くなる場合もあるかもしれない。

でも、ヒットの数は圧倒的に

2の方が多くなりますよね。

恋愛って、成功率を争うものではありません。

モテるっていうのは、

成功率が高い人ではありません。

モテる人は成功階数が多い人!

恋愛とは、より早く成功し、

より多くの時間を

パートナーと過ごすことですよね!

だからこそ、防衛反応を、

何もせずに独りで過ごすことに働かせ、

積極的に動けるようにする

恋愛スキルは素晴らしいんです。

恋愛スキルの高い人になり、

幸せな時間を多く過ごしたいなら、

カウンセリングを受けてみましょう。

カウンセリングの申し込みはこちらから。

恋愛カウンセリングでは、

あなたの心の中に潜んでいる

本当の問題を一緒に見つけ出します。

そして、その問題を抜け出し、

幸せな時間を過ごせるようになる

恋愛スキルも伝えながら、

カウンセラーがあなたを導きます。

カウンセリングの申し込みはこちらから。

婚活を頑張っている人も、

婚活カウンセリングで、

幸せな結婚が出来る様に

恋愛スキルを活かしてみませんか?

カウンセリングの申し込みはこちらから。

一緒に恋愛スキルを活かして、

充実した日々を過ごしましょう。

最後までご覧頂き、ありがとうございました。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ