優しさって何でしょう?

人間関係において、

優しさというのは

大きな影響力を持っています。

あなたもパートナーは

優しい方が良いなどの思い込みを

抱いているのではないでしょうか?

ただ、優しさが人間関係を

上手く築かせてくれるとは限りません。

ある男性は、パートナーを思いやり、

優しくしようと心がけていました。

そして、何かを決める時には

相手の意見を重視し、

決定権を譲ってあげていました。

でも、相手にとって

この対応は不満だったのです。

相手を事を気遣い、

優しく接しすぎた事で、

逆に不満を与えてしまい、

人間関係が崩壊する

という場合もあるんです。

優しさは大切でしょうが、

相手の求める以上の

優しさを与えてしまうと、

その優しさはストレスとなり、

人間関係の崩壊へと

向かってしまう場合があります。

優しさを与えていたのに、

不満を言われた側は、

こんなに気遣っているのに…

優しくしてきたのに…

と不満も生まれてしまう。

でも、こんな優しさを求めてないし、

与えてほしいと頼んでもいない。

優しさを与えたから

満足をしてくれるはず。

優しさを与えたから

優しさが返ってくるはず。

このような思い込みを抱く人は

とても多いように思います。

確かに、優しさを

与え合える関係は

素晴らしいと思います。

でも、これを自然に出来る関係が

素晴らしい関係なのであって、

与えたら必ず返すべき

というような損得勘定で

優しさを捉えてしまっては

当然、人間関係は上手くいきません。

「自分は優しさを与えたのだから、

今度は相手が優しさを与える番だ」

こう考えてしまった瞬間から、

優しさという行為は、

単なる報酬を得たいがために行う

行為に成り下がってしまいます。

行動は全く同じであっても、

このような優しさを与えていては、

良い人間関係は築けないし、

築けていた良い人間関係でさえ、

崩壊していってしまうでしょう。

あなたも普段から、

パートナー、

家族、

友達などに

優しさを与えていると思います。

その優しさを振り返ってみましょう。

優しさの返還を求めていませんか?

もし、求めてしまっていたと気付いたのなら、

今のあなたには、

人間関係崩壊の警報が

なっている事にも気付いてください。

そして、優しさを与えること事態で

自分も気分よくなれる事に

気付けるようになりましょう。

優しさは返ってくれば嬉しいです。

でも、返ってこない時があっても

損した気分になる必要はありません。

だって、優しい対応をした時、

相手の気分だけが良くなるのでなく、

あなたの気分も良くなるはずだから。

もし、相手の気分だけ良くなって、

自分の気分は優しさの返還待ち状態なら、

それは、本当の優しさじゃないのかもしれません。

心理的目線から見る優しさは、

与えられた人も、

与えた人も、

ハッピーな気持ちに傾くものです。

例えば、プレゼント。

来月にはクリスマスがあり、

クリスマスプレゼントを

今から考えている人もいるでしょう。

プレゼントを渡すというのは、

優しい行為だと思います。

それは、プレゼントを渡された方は

優しさを与えられハッピーになる。

そして、プレゼントを渡した方は

優しさを与えてハッピーになるからです。

もっと言えば、プレゼントを渡す側は、

プレゼントを渡す前から

優しさを抱えてプレゼントを考えるので、

その時間も楽しく幸せな時間のはずです。

だから、相手からのプレゼントが無い時、

怒ったりする必要はないはずなんです。

だって、既にプレゼントをあげるまでに

自分もハッピーな気持ちにはなれているんだから。

なのに、この気持ちの変化に気付かず、

現実的な物品などの差をみてしまうから、

損得勘定でフェアではない、

愛や優しさが足りないなどと

相手を責め立てて、

人間関係崩壊の警報を

ならしてしまう人も多いです。

忘れないで欲しいのは、

優しさを与えるという時点で、

既に相手からは気分を良くしてもらえている

という心の変化が起きているという事です。

優しさを与えようと思える

相手がいないのであれば、

優しさを与えようとする時に

自分の気分を高めてくれる現象も

なくなってしまう訳ですからね。

優しさを心理的目線から見て

様々な気付きを得られると、

自分の日々の心の状態も

相手との人間関係も

より良くなっていくと思います。

自分の優しさに気付き、

良好な人間関係を継続させたい人は、

カウンセリングを受けてみましょう。

カウンセリングの申し込みはこちらから。

カウンセリングは自分の心と向き合う時間です。

だからこそ、沢山の気付きを得る事が出来る。

自分の心の状態に気付けるのはもちろん。

どのように整えればいいのか?

人間にとって心の状態が

どれだけ大きな違いをもたらすのかにも

気付く事が出来るはずです。

私達が優しさを求めるのは

いったいなぜなのでしょう?

絶対返すのが当たり前というルールの中で

優しい行動を交互に行い、

つかの間の優しさに癒される為でしょうか?

それとも、優しさを持って過ごす事が

自分も相手もハッピーにし、

こういう時間を沢山作りたいからでしょうか?

私は後者です。

だから、優しさを持って日々過ごしたい。

自分と相手がハッピーで過ごす為に。

相手も同じ優しさを持っていてくれれば、

更なる幸せにはなれるでしょうが、

持っていなくとも幸せに変わりはないので、

相手を責める必要はないですよね。

優しさの捉え方1つでも

あなたが感じる日々の気持ちは

かなり違うと思います。

優しさをより良く捉え、

毎日を気分よく過ごしましょう。

カウンセリングの申し込みはこちらから。

一緒に優しい気持ちで気分良く過ごし、

充実した人生を過ごしましょう。

最後までご覧頂き、ありがとうございました。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ