生きるとは?生きる意味を考える!

こんにちは。
習慣リノベーション心理カウンセラーの佐古です。

先日、乳がんで闘病中だったフリーアナウンサー
小林麻央さんがお亡くなりになられましたね。

ご冥福をお祈りいたします。

決して諦めずに自分の病気と闘うだけでなく、
多くの人に勇気を与え続けた生き方は
生きることの大切さを教えてくれたように思います。

今日は小林麻央さんの生き方に学び、
今一度「生きる」ということについて
一緒に考えて見たいと思います。

ただ生きるのは当たり前の時代

現代は豊かで最低限の生きる権利が与えられています。

特に日本は生活保護もありますので、
命をかけて生きるということなく、
寿命まで生きることが当たり前になっています。

医療の発展で寿命も長くなっていますし、
明日も、1年後も、10年後も、
生きているのが当たり前と思っている場合が多いです。

このように思える事は安心感も生まれるので
悪いということではありませんが、
生きる」という価値を見失いがちになります。

なので、苦しいことが起きたり続くと、
「消えたい」「死にたい」など
生きる価値を見失った発言をしてしまう人も
現代では増えているように思います。

生きていると辛い事、苦しい事も訪れます。

なので、辛いや苦しいと感じてしまうのは
自然な心の反応で否定してはいけない事です。

ただ、今辛いから、今苦しいから
「消えたい」「死にたい」というような
生きる価値を否定する姿勢は
余計生き苦しくさせ自分を苦しめる
心の自傷行為だと気づいて頂きたいと思います。

私たちは生きているのが当たり前になってますが、
生きる」という事は当たり前ではなく
限られた自由に過ごせる貴重な時間だと認識し
自分がどう生きるかを自分らしく決めて生きたいと思います。

「生きる」というのは、かけがえのない自由

今、私は生きています。

今、あなたは生きています。

この生きるという時間は自分らしく過ごせる
かけがえのない時間だと気づいていますか?

今、あなたは自分に自由があり、
自分らしい過ごし方を決めて
生きているという実感がありますか?

それとも、ただなんとなく過ごしていて
自分らしく過ごすことなど考えもせず
漠然と生きているという実感が強いですか?

多くの人は「自由」が欲しいと言います。

でも、実際に生きていることで
自分らしく自由に生きることができるのに
その自由について考えることや実行することを
していない人も多いのではないでしょうか?

そして、この生き方の違いは充実度や幸せ
という実感を大きく変えているのも事実です。

また、自分にある自由を活かして
自分らしく生きる人には
結果に関係なく自然と自信も生まれます。

小林麻央さんのように病気により
残された時間の短さを告げられる事もあります。

そこで絶望を感じ、生きる気力を失い、
人生の最後を待つ生き方もあります。

でも、小林麻央さんのように
希望を持ち続け病気と闘いながら
今の自分にできることを一生懸命行い
人生の最後まで多くの幸せを感じようと
生きる生き方もあります。

どっちの生き方が正しいということではなく、
どっちの生き方をあなたは望んで、
選んで自分らしく生きるかということです。

誰にとっても一度限りのかけがえのない人生を
自分らしい人生にできる自由が
誰にでも与えられていると気付きましょう。

あとは、あなた次第であなたらしい
かけがえのない人生過ごせるはずです。

「生きる」意味

若い人の中には生きる意味がわからないと
生きることに本気になれない人も増えています。

中には、死を望もうとしてしまう人もいます。

とても悲しい現実です。

生きる」というのは、かけがえのない自由であり、
自分らしく生きることができる時間です。

だからこそ、生きる意味は
自分が自分を楽しむことだと私は思っています。

自由に自分らしく一生懸命生きて、
自分という存在を楽しめる時間が
生きている時間であり生きる意味です。

小林麻央さんも苦しい闘病生活の中で
たくさんの幸せを感じていたことを
ブログで語ってくれていました。

苦しさや自分を責める気持ちもたくさんあるけど、
どんな状況でも自分次第でたくさんの幸せを
見つけられるということを教えてくれました。

生きる意味というと後世に名を残したり、
多くの人の役に立ったり、
世の中を便利にするものを生み出したり、
そういう生きた価値に意味を見出そうとしがちです。

確かにそれは素晴らしいことですし、
生きた価値を残せることに越した事はありません。

ただ、生きている時に、生きる上で
生きる意味を見出すのなら、
もっと自分が実感できる生きる価値に
生きる意味を見出したほうが生きやすいです。

だから私は自分が自由に自分らしく
たくさんの幸せや充実を感じ楽しく生きる事。

自分が決めた人生を一生懸命生きる事に
最大の価値を感じて生きる意味としています。

なので、苦しいことが起きても、
誰かに批判されても、思うようにいかなくても、
生きる意味は消えることなく存在し続けています。

生きる事に迷いが生まれ考え込む事なく、
その時間を一生懸命自分らしく生きる事に費やし、
たくさんの幸せを生み出すことができています。

これは私の生きる意味であり、
あなたの生きる意味である必要はありません。

おそらく、小林麻央さんの生きる意味も
私とは違う生きる意味だったとも思います。

ただ、自分の生きる意味が明確にあって
生きることが出来ているということの価値は
心理的にとても重要ですので持っていてください。

他人に語らなくてもいいし、否定されてもいい。

自分の心の中でしっかりと根付いていれば、
あなたの生き方は揺らがずに、
自分がやりたいことをできる時間も増えるはずです。

何より、普段はもちろん、苦しい状況でも、
ちゃんと幸せも感じて生きられるので、
地獄のような苦しみにはならずに済みます。

自分の生き方に迷い苦しんでいるのなら、
ハートフルタイムの
お試しセッションを受けてみてください。

カウンセリングの申し込みはこちら

生きるとはどんなことなのか?
生きる意味とは一体何か?

人生最大の問いとも言われますが、
これはただ考えるだけで
答えを出せることでもありません。

自分が本気で一生懸命生きることで
様々な経験の先に見えてくるものだと思います。

だからこそ、わからないものをひたすら考え
迷宮に迷い込み苦しむのでなく、
自分としっかり向き合い自分らしさに気づきながら、
自分らしく生きることが重要になります。

このような姿勢で生きることは
苦しさを減少させ、幸せを増やしてくれます。

自分に自然と自信を持てるようにもなれ、
実力が出せて良い結果も得られやすい自分になれます。

人は一人では生きられないと言うように
生きる意味に迷った時も
一人だけで頑張らなくてもいいんです。

カウンセリングの申し込みはこちら

小林麻央さんの死は多くの人に悲しみを生みました。

でも、小林麻央さんの生き方は、
闘病中のブログで伝え続けた言葉は、
多くの人の心に勇気や幸せを生みました。

そして、この事実は変わることも消えることもなく
多くの人の心で生き続けるはずです。

心から「ありがとう」を伝えたいと思います。
そして、ご冥福をお祈りいたします。

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ